FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
20186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
795位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

8度目の調教③ ~奉仕人形~

「脚を開いて見せなさい」

御主人様の御言葉に、私は絨毯の上でM字開脚をしました。

御主人様は何もされず、その様子を静かに見ていらっしゃいます。

それがやけに恥ずかしくて...

私はいたたまれず、御主人様の脚だけを見ていました。




「奉仕をしなさい」

待ち侘びていた御命令。

やっと御主人様に触れられる...!

その嬉しさに、私は御主人様のベルトに飛び付きました。

上手くお洋服を脱がせる事が出来ず、御主人様に手伝って頂きます。

やっとの事で御主人様の下着を取ると、愛しいペニスからは愛液が溢れ出していました。

嬉しい...

私を前に、反応して下さっている…

その事実が堪らなく幸せで、私は御主人様のペニスの根元に顔を埋めました。

顔に触れる柔らかい陰毛と、優しく香る石鹸の匂い。

この時をどれほど待ち侘びていたでしょう。

下からペニスに舌を這わせるのですが、気持ちばかりが急いて、どうしても丁寧に御奉仕する事が出来ません。

そのうち、身体が痙攣を始めました。

「まだ15分しか経っていませんよ」

上から御主人様のお声が聞こえます。

これではいけない。

御主人様に悦んで頂かなくては。

そう想い直し、自分に気合を入れました。

焦る気持ちを抑え、最初からやり直し。

少しづつ丁寧に、ペニスを味わうように御奉仕を再開します。

ゆっくり、一つも逃さないように。

けれどその全てが欲しい。

丁寧に舌を動かしながら、気持ちだけが先走りしていました。

「咥えるな」

「もっと舌を使いなさい」

御主人様のお言葉に、だんだん悲しくなってきます。

この前はとっても上手く出来たのに…

気持ち良くなって頂きたい気持ちは同じなのに…

どうして上手く出来ないのか判らず、必死に口と舌を動かしていました。

御主人様に悦んで頂きたい。

それだけ。

他の感情は要りません。

唾液を絡ませ、唇を滑らせる。

舌を細かく、ひっきりなしに動かす。

御主人様の微かな反応を逃さないよう、無心になって御奉仕を続けていました。

私…

御奉仕の為の道具になったよう…

御主人様のお悦びの為だけに動く、人形になったみたい…

遠くにある自分の意識の中でそう感じていると、突然、思考が停止する感覚に襲われました。

失神している訳ではないのに、プツプツと意識が途切れて行きます。

それはまるで、脳の電気信号が切れているかのよう。

繋がっては切れ、また繋がる…切れる。

そうして私は、壊れかけた玩具のように、止まったり動いたりを繰り返していました。
【 2017/08/20 23:13 】

リアル調教  | コメント(2)  |

8度目の調教② ~御主人様の革靴~

御主人様が用意して下さったホテルのお部屋。

高層階の大きな窓からは、都会の景色が一望出来ます。

ずっと都会に憧れていた私はそれだけで嬉しくて。

夜になれば、きっと綺麗な夜景が見えるんだろうなと想いました。




「準備をしておきなさい」

そう言って御主人様は一人バスルームへ。

私はスーツケースの鍵を開け、履いていたパンプスを脱ぎました。

少ししか歩いていないのに、両足に豆が出来ています。

今回は股間が大きく開いた赤いショーツを着けてくるように指示をされたので、素足でパンプスを履いて来ていたのです。

ここでストッキングを履いてしまっては、お受けした御命令の意味が無くなってしまう。

そう感じていたからこその判断でした。

バスルームから戻って来た御主人様は、革張りの椅子に腰掛けられます。

今日の御主人様は、シャツにスラックスというクールビズスタイル。

黒い革張りの椅子によくお似合いで、それだけでうっとりとしてしまう私。

ああ、お写真を撮らせて頂けば良かったです…

「服を脱ぎなさい」

直ぐにそう仰る御主人様。

今日は御主人様の為に新調したブルーのワンピースを着ています。

いつもの自分より、少し背伸びをしたお洋服。

自分で背中のファスナーが開けられず、御主人様にお願いをして脱がせて頂きました。

赤いショーツ1枚の私。

お洋服を着た御主人様。

このシチュエーションが恥ずかしくて、私は急いで御主人様の足元に座りました。

目の前にある御主人様の脚…

今すぐに頬擦りをしてしがみつきたいけれど、お化粧でスラックスを汚す訳にもいきません。

私が御主人様にぎりぎりまで近付くと、その革靴が左の乳房に押し付けられました。

優しく潰され、形を変えて、革靴の底からはみ出す乳房。

私はもっととねだるように、御主人様の足の力に押されてしまわないように、床に手をついて自分の身体を支えました。

初めて革靴に御奉仕をし、踏んで頂いたのは2度目の調教の時。

去年の秋の事。

生まれて初めての経験に嫌悪感はなかったものの、心からの悦びを感じる事も出来ない未熟な愛奴でした。

けれど今は何かが違う…

御主人様に見下ろされ、革靴で踏まれているこの状況に、私は欲情していたんです。




服を着たままの御主人様。

裸の自分。

御主人様の革靴。

潰れた乳房。

御主人様のお気に入り。

床が、御主人様の足元が私の居場所。

調教が始まり、人として存在する事を放棄した私に言葉は出ませんでしたが、心の中では「もっと」という自分の想いが浮かび上がりました。

痛い事は大の苦手なはず。

けれど優しさの伝わる御主人様の革靴の圧力に、もどかしさを感じている自分がいたのです。

私、どうしてこんな事を想っているんだろう…

なぜ自ら御主人様の革靴に乳房を押し付けているんだろう…

優しくして頂いて嬉しいのに…

思考と行動が噛み合いませんでしたが、もう考える事は出来ませんでした。
【 2017/08/08 00:54 】

リアル調教  | コメント(0)  |

8度目の調教① ~調教の前に~

先日、8度目の調教を終えたばかりの愛奴です。

短い時間でしたが、私の中で、また新たな変化があったように想います。

倒錯した時間を少しでも感じて頂けますと幸いです。







今回の調教は、6度目の調教と同じホテル。

私も少し慣れたようで、迷う事なく駅へ辿り着きました。

沢山の人々が行き交う交差点を渡っていると、横断歩道の先に御主人様のお姿が見えます。

私は一気に頬が緩み、御主人様の元へと向かいました。

御主人様は何も言わず、表情を変えず、けれど私をじっと見て歩き出されます。

今回は重たいスーツケース。

御主人様のお好きなお道具を使って頂けるように、沢山持って来たのです。

いつものようにスーツケースに振り回されてよろけていると、馬鹿な愛奴の姿が可笑しかったのか、笑顔の御主人様の横顔が見えました。

ああ…大好きな御主人様の笑顔…

それだけで身体の奥から熱いものが込み上げ、ますます私を暑くさせました。




チェックインの前に軽くランチを済ませ、コンビニで飲み物を調達する事に。

御主人様は私にお店の外で待っているように指示をすると、お一人で中に入って行かれました。

沢山の人が往来しているお昼のオフィス街。

お店の外に一人で立っている私。

それはまるで、繋がれて店外で主人を待つ犬のようだと想いながら、一人その時間を愉しんでいました。

小さな袋を下げて戻って来られた御主人様。

その袋を私に持たせると、ホテルへと歩いて行かれます。

私は御主人様から受け取った袋と自分のバッグ、重いスーツケースを引きずりながら、急いでその後を追いかけました。

「遅すぎるだろう」と振り返る御主人様。

やれやれといった御様子です。

手ぶらでも歩くのが遅い私は、ちっとも御主人様に追いつけません。

けれど御主人様は全てを解っていらっしゃって、敢えて手伝う事をされないのです。

意地悪な御主人様。

けれど本当に困った時には必ず助けて下さる、優しい御主人様。

そんなやりとりも愛おしくて堪らない…




ホテルのフロントで手続きをされている御主人様の後ろ姿をこっそり写真に収め、私達は静かなお部屋へと入って行きました。

これから始まる調教。

御主人様がどんな調教をされるのか、自分がどうなってしまうのか…

期待と嬉しい不安を抱えながら、私はやっと荷物を下ろしました。
【 2017/08/05 23:34 】

リアル調教  | コメント(0)  |

7度目の調教⑨ ~再会へ~

バスルームから出て、先にベッドに横になっている御主人様。

私に体操服を着るように指示をされました。

御主人様が与えて下さったコスプレの中で、1番登場率の高い体操服。

御主人様が気に入って下さっていると解り、私も嬉しくなります。

今回は白いソックスも用意していたので、着替えをして御主人様のお傍に行きました。




「舐めなさい」と御主人様。

お湯に浸かっていた柔らかいペニスを、根本から丁寧に舐め上げます。

私が御奉仕を始めると、御主人様は先程撮影した動画を再生され始めました。

画面に私がどう映っているのかは解りませんが、大音量で水音が聞こえて来ます。

私が大量の唾液を絡めながら、御主人様のペニスにしゃぶりついている音...

「こんな風に奉仕しなさい」と御主人様が画面を見せてこられます。

自分の痴態を見るのは流石に恥ずかしく、視界の端に画面を感じながら御奉仕を続けました。

何度も何度も再生される私の動画。

御主人様のペニスは段々と硬さを増し、先程と同じように天井を向いていきました。

御主人様の指示で、私はその上に跨ります。

そしてはち切れそうなペニスを、ブルマの間から身体の中にゆっくり収めました。

おまんこが内側から押し拡げられ、内臓の奥まで突き刺さり、私は上手く動く事が出来ません。

そんな私を見かね、御主人様は、ブルマを脱いで四つん這いになるように御命令されました。

後ろから突然貫かれ、嬉しくて鳴くだけの私。

けれど御主人様は直ぐにペニスを引き抜かれ、またベッドに横になられてしまいました。

ペニスが胎内を出て行ってしまった事に、なんだか悲しくなってしまう私...

御主人様に向き合うと、私の愛液でまみれているペニスを綺麗にするように指示を頂きました。

再度、御主人様の脚の間に顔を埋め、自分の愛液を舐め取ります。

自分の愛液と唾液が混じった不思議な味を感じながら、また御奉仕に没頭して行きました。

御主人様はまた動画を再生されながら、5分以内に逝かせなさいと御命令されました。

私は無心に頭と舌を動かし続け、口の中で御主人様の精子を受け止めさせて頂きました。

私には3つの穴がありますから、御主人様はその時の気分で、お好きな穴を使われます。

口内に射精をして頂くのは久しぶり。

その味をゆっくりと確認し、またペニスのお掃除をさせて頂きました。




御主人様と一緒に過ごす時間は、どうしてこうも足早に過ぎて行くのでしょう。

いつの間にか、チェックアウトの時間が迫っていました。

お互いに身支度をし、お道具をスーツケースに押し込みます。

私も御主人様も、食事を摂らずに調教に臨んでいましたから、お互いに空腹でした。

空港に向かう電車に乗っている時も、御主人様はあまりの空腹に元気がありません。

そして空港に辿り付き、やっと食事を摂る事が出来ました。

御主人様も私もみるみるうちに元気になり、愉しい時間を過ごします。

御主人様の笑顔を見て、たくさんお話をして…

今までの人生で、愉しい事はたくさんありました。

人並みに幸せだったと想います。

けれど御主人様に見つけて頂き、今まで感じた事の無い幸せを教えて頂きました。

心も身体も解放される事の悦び

自分の全てを受け入れて貰える悦び

御主人様の為なら、この命をも捧げたいと想える程の心…

私は全てを御主人様に囚われてしまったのです。




食事を終え、検査場の前に佇む御主人様と私。

前回、いってきますの挨拶が出来なかったので、今回は早めに挨拶をしました。

視線での合図に、御主人様に顔を寄せ、首筋を舐めさせて頂きます。

けれどやっぱり離れたくない…

御主人様は私を見て、顎で合図をされました。

「行きなさい」と…

それは御命令。

私が逆らうことは赦されず、御主人様のお傍を離れます。

御主人様は私が手荷物検査を終えるまで、見送って下さっていました。

そして大きく手を振り、お互い逆方向に歩き出したのです。

約束は確約。

必ず訪れる未来。

だから苦しくても泣きません。

こみ上げてくるものを深呼吸で抑え、歩き出しました。

行ってきます、御主人様…
【 2017/08/02 00:29 】

リアル調教  | コメント(0)  |

7度目の調教⑧ ~寛ぎの時~

アナルから御主人様の精子を溢れさせながら、私はまだ正気に戻る事が出来ずにいました。

すると御主人様が突然、私の足裏をマッサージされ始めたのです。

予想だにしなかった御主人様の行動に、私は思わず笑ってしまい、一気に現実へと戻って来ました。

時折、お茶目な一面を見せて下さる御主人様が愛おしくて仕方ありません。




御主人様はベッドに休まれ、右手を伸ばして下さっています。

それは「おいで」の合図。

私は飛び跳ねるようにその腕の中に潜り込みました。

ずっとずっと来たかったこの場所。

御主人様に甘えられる場所。

私は御主人様に抱きつき、思いっきり息を吸い込みました。

ああ…御主人様の匂い…

私が幸せを噛み締めていると、隣から静かな寝息が聞こえてきました。

御主人様がこうやって私を抱きながら眠って下さるのはとても嬉しい。

私が甘えて抱きついても、それを受け入れて下さる。

私が隣にいる事を赦して下さっている。

それが堪らなく嬉しくて、幸せで、御主人様の愛奴である事を心から誇りに想うのです。




御主人様が眠っていらっしゃる時が、私の撮影タイム。

御主人様のお写真と、今回は私も一緒に撮りました。

今までなかった御主人様とのお写真。

今度は起きている時に一緒に撮って下さいね。




ふと目を覚まされた御主人様。

御主人様のほっぺが私のおでことくっつきました。

まだとても眠たそうです。

私の頭を撫でながら、10分経ったら起こしてと言い、また浅い眠りに落ちて行かれました。

御主人様が眠っていらっしゃる時、私はこのブログを書く為に、調教の様子をメモしているんです。

一瞬たりとも逃したくない御主人様との時間。

時間が経っても鮮明に想い出せるよう、御主人様の温もりを感じながら過ごす一時は、私にとっても大切な時間なのです。




10分はとうに過ぎ、御主人様が目を覚まされました。

お風呂にお湯を溜めている間、私はうつ伏せになった御主人様の背中に乗り、前回同様マッサージをさせて頂きます。

腰痛が慢性的になっているようで、とても心配なのですが、私に出来る事はこれくらいしかありません。

御主人様の腰痛が良くなりますようにと想いを込めながら、マッサージを続けました。




うつ伏せのまま眠ってしまった御主人様が目を覚まされたのは、お風呂のお湯が溜まってから。

バスルームに2人で移動し、のんびりとお湯に浸かっていると、御主人様は私に背中を向けられました。

どうやら背中のマッサージを希望されている御様子。

私は肩甲骨にそって指圧をし、御主人様の疲れが少しでも癒されるよう、マッサージをさせて頂きました。




煙草を取ってくると言って、御主人様は一旦バスルームを出られます。

広くなったバスタブに1人浸かり、幸せな時間を噛み締めていました。

煙草を持って戻っていらした御主人様。

バスタブには入られますが、立ったまま煙草を吸っていらっしゃいます。

私の目の前には御主人様のペニス。

先程とは違い、下を向いています。

御主人様の顔を見てから、柔らかくなったペニスを口に含みました。

すると、突然口内に広がる水分。

御主人様が尿を与えて下さっているのです。

私は真下から御主人様のペニスを咥えていたので、上を向いたまま水分を飲み込む事が難しく、沢山零してしまいました。

駄目な愛奴ですね。

私が身体の中に収めきれなかった御主人様の尿のお湯に浸かり、バスルームを出ました。
【 2017/07/28 12:00 】

リアル調教  | コメント(2)  |