FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
18225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
705位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

4度目の調教⑥ ~便器になった愛奴~

腸内の液体を全部排泄すると、お尻を洗う為、御主人様にバスタブに誘導されました。

足元にだんだんお湯が溜まり、バスタブの中にしゃがんで、お尻だけを浸している状態になります。

御主人様もバスタブの中に入られ、私の目の前には大好きなペニスがありました。

「口を開けなさい」

そう言われ、私は御奉仕をさせて頂けるのだと想い、御主人様のペニスを咥えました。

「そのまま動いてはいけないよ」

御主人様は御奉仕ではなく、ペニスを咥えたままじっとしているように私に指示をされました。

私は意味がよく解らず、そのままじっとしていたのですが...

微かに御主人様が声を洩らされると、口の中に何かが流れ込んで来ました。

私はその液体の正体に気が付き、必死で喉を鳴らして飲み込みました。

御主人様は私の口内に尿を与えて下さっていたのです。

2回目の調教で初めて与えて頂いた御主人様の尿。

けれどその時は想像以上の味と香りに、ほとんど飲み込む事は出来ませんでした。

それがとても悔しかった…

御主人様が与えて下さった尿を飲む事が出来なかった事に、愛奴として情けなさを感じていました。

だからこそ、御主人様の尿を飲めるようになりたいと強く想っていたのです。

私はその時の気持ちを想い出し、御主人様の尿を飲めている事実をとても嬉しく想っていました。

そして御主人様は私にそのまま待機しているように指示をされ、携帯で撮影をしながら再度私に尿を与えて下さいました。


愛奴6


「便器になれて嬉しいだろ?愛奴」

そう私に問いかける御主人様の声も悦んで下さっている気がして、私は思い切り頷きました。

「私も嬉しいよ」

御主人様の甘い声がバスルームに響いて、私は便器になれた悦びを噛み締めていました。

そして綺麗にしなさいという御主人様の御命令を受け、排尿後の御主人様のペニスに御奉仕をさせて頂いたのです。


愛奴5






ベッドに戻ると、再び四つん這いになるように指示を頂きました。

すっかり洗浄された腸内に、御主人様はサンダンというアナル拡張器を挿入されます。

それは拡張する前からかなりの太さがあるポンプなので、挿入するだけで私のアナルは限界近くまで広げられました。

御主人様が一度ポンプを握るだけで、強烈な便意が襲います。

私が余りにトイレに行かせて欲しいと懇願するので、御主人様は呆れてトイレに行かせて下さいました。

けれど結局何も排泄されず...

せっかく便器になれて褒められたのに、今度は我慢が足りずに呆れられてしまいました...

ごめんなさいと肩を落とす私に、御主人様はベッドに仰向けになるように指示をされます。

そして私の口をおまんこに見立て、立ったままペニスで激しく犯されました。

喉の奥まで挿入されて嗚咽を洩らし、御主人様の愛液と私の唾液が混じり、それがまた呼吸を阻害する...

そうやって意識を朦朧とさせていると、御主人様はそのまま私の足元に回られ、だらしなく開いているおまんこにペニスを挿入されました。

私の至福の瞬間...

内蔵の奥深く何度も突いて頂き、腟内に御主人様の精子を与えて頂きました。

そのまま御主人様は私を腕の中に抱いて、あっという間に眠ってしまわれました。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
【 2017/02/11 23:54 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する