FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
20186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
795位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

3度目の調教④ ~ニップルチェーンとアタッチメント~

一通り御主人様の足を舐め終わると、今度はソファーに座ってM字開脚をするように命じられました。

御主人様の手には大きなクリップが付いたニップルチェーンが握られています。

メール調教でも解るように、わたしは洗濯バサミ等のクリップがとても苦手なのです。

けれど…苦手だけれど、弄って頂きたい…

以前も着けて頂いた事があるはずなのに、何故か乳首は酷く痛みました。

ジンジンとした痛みと熱に、次第に思考が奪われて行きます。

そしてテディから丸出しになっているおまんこに、アタッチメントを装着した電マを挿入されました。


jkhgfr


アタッチメントの挿入は初めての経験で、膣内とクリトリスの激しい振動に、私は狂ったように声を上げました。

そして時折、御主人様がその舌でクリトリスを愛撫して下さるのです。

私のラビアは大きく肥大しているので、左右に開かなければクリトリスに触れる事は出来ません。

御主人様はクリトリスにのみその舌先が当たるように、私のおまんこに顔を近づけ、クリトリスを目視してから愛撫して下さいました。

御主人様からの愛撫に、私はもう嬉しくて堪りません。

不意に与えられる最愛の人からの愛撫は、いつも私を狂わせるのです。




御主人様がスラックスを脱がれると、下着にはシミが出来ていました。

「お前のせいだよ。綺麗にしなさい」

私を見て愛液を溢れさせて下さっている…

それが嬉しくて堪らなくて、わたしは脱がれた御主人様の下着に舌を這わせ、シミを丁寧に舐めさせて頂きました。

尚も愛液が溢れ出ている御主人様のペニスにも御奉仕をします。

大好きな御主人様のペニス…

愛液の味が口の中に広がって、御主人様が感じて下さっている事を実感しながら、更に丁寧に御奉仕させて頂きました。

そしてソファーに突っ伏し、お尻を突き出す格好になります。

ニップルチェーンが圧迫されて乳首がジンジンと痛みますが、おまんことクリトリスには再び電マが、そして背後から鞭を頂きました。

乳首の痛み、おまんことクリトリスの強い快感、お尻への衝撃…

御主人様によってもたらされる感覚に、私は喘ぐ事しか出来ませんでした。

そして電マが取り除かれ、後ろから御主人様のペニスを挿入して頂きます。

私は御主人様の性処理道具。

御主人様はお好きなように私をお使いになる事が出来るので、いつ挿入されるのか等、私には解りませんし、知る必要もありません。

御主人様のお悦びの為、私は私を捧げるだけなのです。




その後、ニップルチェーンを外して頂くのですが、この瞬間が一番痛いのです。

御主人様はそれを御存知で、「外す時が一番痛いんですよね?お前の表情を見れば解ります」と…

御主人様に歪む顔をお見せしながら、クリップを外して頂きました。

そして再びペニスを口内に挿入して頂き、1ヵ月分の御主人様の精子をたっぷり与えて頂いたのです。
スポンサーサイト
[PR]

【 2017/01/07 22:49 】

リアル調教  | コメント(2)  |

コメント

---  ---

明けましておめでとうございます。

早速素晴らしい姿を晒していらっしゃいますね。
今年も、昨年にも増す痴態、主様との全てを綴って下さいね。
楽しみにしています。

本年も良い年になりますように。
小次郎  *  URL[編集] 【 2017/01/08 12:11 】
--- Re: タイトルなし ---

小次郎様、コメントありがとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年はどんな調教をして頂けるのか、とても愉しみにしています。
もちろん調教の様子はここに残して行きますので、愛奴の痴態を御覧下さい。
愛奴  *  URL[編集] 【 2017/01/09 22:50 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する