FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
18225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
705位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

2度目の調教⑩ ~初めての飲尿~

今回の調教にはもう一つ目標がありました。

それは飲尿です。

メール調教で自分の尿を舐めてみただけで、実際に飲んだ事はありませんでした。

今回の調教の最後に、御主人様から尿を与えて頂くのです。



シャワールームに行き、立っている御主人様の前にしゃがみました。

ペニスを咥え、その時を待ちます。

一体どんな味がするのだろう...

本当に飲めるのかな...

上手く出来なかったら怒られてしまうかな...

いろんな想いが瞬時に頭の中を駆け巡りました。

「愛奴、行くよ」

御主人様の合図と共に、ペニスから流れ出た液体が私の口内を満たし始めました。

あ、飲めそう...

そう想った瞬間に大量の尿が私の口内を満たし、鼻に抜けるその匂いに、私は嘔吐してしまったのです。

例えるならば病院のような...薬のような味と匂い...

まさに「薬品」という表現がぴったりだなと思いました。

頑張って飲む等と言う以前に、身体が反射的に吐き出してしまったんです。

私は嗚咽を繰り返しながら、御主人様の尿を飲めなかった事がとてもショックで...情けなくて...

けれども御主人様は、そんな私を責める事はありませんでした。

「お酒を飲んでいるとどうしても濃くなるからね」

そう言って御主人様は私が飲み易いようにと、私が寝ている間にベッドを抜け出して、一旦排尿を済ませていた事を教えて下さいました。

そのお心遣いがとても嬉しく…

そして飲尿出来なかった自分を恥じると共に、絶対に飲めるようになりたいと強く願うのでした。


IMG_7977.jpg


挿入後の私のアナル。

御主人様の腕を飲み込めるようになるのが目標です。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

【 2016/12/19 09:13 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する