FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
20186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
795位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

2度目の調教⑧ ~お浣腸~

お部屋に戻り、私はお浣腸をして頂きました。

この日の為に用意して頂いた200mlのガラス製の浣腸器。

私は四つん這いで、御主人様にお尻を向けていた為、一体どれ位の量を注入して頂いたのかはわかりません。

便意が襲ってくる中、私がいつもアナル拡張に使っているアナルプラグで、最後に栓をして頂きました。

そして四つん這いのまま、御主人様のペニスに御奉仕をしたのです。

すぐに便意が襲って来ましたが、大きなプラグによって排便する事は出来ません。

腹痛と激しい便意、喉奥にまで達する御主人様のペニス…

私はもう何が何だか解らなくなり、排便許可を頂く為に泣き叫んでいました。

それからやっと御主人様に排便の許可を頂けましたが、手を引かれて来たのはバスルーム。

足はがくがくと震え限界が近づいている私は、そこがトイレで無い事など、どうでも良くなっていました。

とにかく出したい。その想いだけだったんです。

御主人様に支えてもらいながら、お湯の入っていないバスタブの中にしゃがむと、勢い良くアナルプラグを引き抜かれました。

その瞬間、注入されたお湯と排泄物が勢いよく飛び出し、私の足元を汚して行ったのです。

その様子を御主人様は私の後ろから見ていらっしゃいます。

恥ずかしさと苦しさと、快感と惨めさと...

もう何で喘いでいるのかも解らないまま、口から涎を、尿道から尿を、肛門からお湯と便を出しながら呻いていました。

最後はトイレに行かせてもらったのですが、バスタブから移動する時に、バスマットに便を零してしまいました…

御主人様がそれを洗って下さり…

便を漏らすメス犬でごめんなさい…




排便後はまた御奉仕をさせて頂き、口内に御主人様の精子を注いでもらってから、御主人様の腕の中で眠りにつきました。
スポンサーサイト
[PR]

【 2016/12/18 21:04 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する