FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
18225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
705位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

2度目の調教⑦ ~一時の安らぎ~

ディナーはホテル内の中華を頂きました。

御主人様とお料理をシェアしながら、いろんな話をしました。

私も御主人様もたくさん食べられる方ではないので、デザートの杏仁豆腐が入らなかった事が心残りでしたね(笑)




食後はスイートルームに宿泊している人だけが利用出来るという、エグゼクティブラウンジに行きました。

私はもうお腹がいっぱいだったので、御主人様がお酒を飲まれるのを眺めていたんです。

御主人様は毎日のようにお酒を飲まれるので、私はいつも健康状態が心配なのですが...

そのお姿は余りにも素敵で、私はうっとりした気分になっていました。

御主人様も何も言わず、私をじっと見ていらっしゃいます。

私はその視線にいたたまれなくなり、「何で見るんですか?」と言ってしまいました。

すると御主人様は少し声を荒げられ、「じゃあもう見ないよ」と言われました...

私はただ恥ずかしかっただけなのに…

ただの照れ隠しだったのに…

御主人様の御言葉が心に刺さり、私は俯いて泣きそうな顔を隠しました。

お酒を1杯だけ飲まれた御主人様は、「思っていたのと違ったから、戻ろう」と言われ、私は「はい」とだけ返事をして、御主人様の後をついて行ったのです…




お部屋に戻る大きなエレベーターの前には誰もいません。

私は、御主人様を不快にさせてしまった事を酷く後悔し、ずっと俯いたままでした。

せっかく御主人様と過ごせているのに...

大切な大切な日なのに…

なんで私はいつもこうなんだろう…

私は自分の馬鹿さ加減にうんざりしていました。

そんな私に御主人様が気が付かれない筈がありません。

だって私の御主人様なのですから...

御主人様は俯いている私の腰に手を回し、私を抱き寄せて下さいました。

私はその御主人様の行動に全てを赦されたような気がして、御主人様にしがみつき、その胸に顔を埋めたのです。

御主人様は私の全て。

その何気無い行動や御言葉に私は翻弄され、そして救われる...

こんなにも私は御主人様でいっぱいなのです...

そんな想いを込めて、エレベーターが来るのを待っていました。



後から聞いた話ですが、この時、御主人様はトイレに行きたくて堪らなかったそうです(笑)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
【 2016/12/15 20:41 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する