FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
5856位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
292位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

15度目の調教③ ~3ヵ月ぶりの御奉仕~

脱いで頂いた下着を畳んでいる間に、御主人様は再び椅子に腰掛けられていました。

私がそちらへ向き直ると、その脚の間に迎え入れて下さいます。

絨毯の上に正座をしている私。

顔の横には、御主人様の太腿。

顔の前には、愛しいペニス。

私はじっとそこを見つめ、頭の上から指示が降って来るのを待っていました。




「しっかり味わいなさい」

ついに訪れたその瞬間。

私は返事をする前に唇を開き、その根元に舌を這わせます。

きちんと返事をするように御主人様から注意されますが、私は鼻を鳴らしてお答えするだけ。

御奉仕をする事に夢中になっていました。




御奉仕をさせて頂くのはとても好き。

けれどそれにばかり固執している訳ではなく、私が御主人様に出来る唯一の事だから。

自らが動き、御主人様のお役に立てる行為。

それが御奉仕の意味だと私は想っています。

御主人様に悦んで頂きたい。

御主人様のお役に立ちたい。

そうして見下ろされながら、口だけを使う雌となる。

そんなちぐはぐな心と身体が、どうしようもなく私を興奮させてしまうのです。




気を付けても気を付けても、気持ちばかりが焦る私。

丁寧に御奉仕をして御主人様に悦んで頂きたいのに、舌は忙しなく動いてしまいます。

もっとゆっくり、丁寧にやらなければ。

そう一生懸命自分に言い聞かせながら御奉仕を続けていると、御主人様がお札を数えられ始めました。

先程お渡しした、3ヵ月分の愛奴の稼ぎ。

決して多くはないけれど、そこには私の色々な想いが染み込んでいます。

御主人様は何も仰らなかったけれど、私の舌の動きを感じていらっしゃった筈です。

それを解って下さっていたのでしょう。

耳に届くのは、紙幣の擦れる音と、私の唇から零れる水音だけでした。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2018/10/14 00:39 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する