FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
6858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
309位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

12度目の調教⑥ ~畳の上で~

ひとしきり温まられた御主人様は、また私を置いて露天風呂を後にされました。

声を掛けたりしなくても、私がついてくる事を御存知なのです。




身体の水分をバスタオルに含ませてから、私は御主人様の後を追って、全裸のままお部屋へと戻りました。

御主人様の前では、何も身に付ける必要はありません。

御主人様もそのままのお姿で、木製の座椅子に座っていらっしゃいました。

私がお傍に寄ると、御奉仕をするように指示をされます。

そこに飛び付きたい衝動を抑え、私はゆっくりと御主人様の脚の間に正座をし、すっかり温まって柔らかくなったペニスをそっと口に含みました。

けれどそれも束の間。

それは一気に硬さを取り戻し、私の口内を埋め尽くします。

その反応が嬉しくて堪らなくて。

無我夢中で御奉仕を続けていました。

すると御主人様から、おまんこをこちらへ向けるようにと指示を頂きます。

私はペニスに吸い付いたまま身体を回転させて、濡れているおまんこを御主人様の方へと向けました。

身体は重なってはないものの、所謂シックスナインのような体勢。

明るいお部屋でこの格好は恥ずかしくて堪らないのですが、御主人様の手で弄って貰える事が嬉しくて堪らなくて。

私の理性なんてあっという間にどこかへ吹き飛んでしまいました。




いつから濡らしているのか判らない私のおまんこ。

御主人様がそこにいらっしゃるだけで、簡単に湿り気を帯びてしまう。

少し指を滑らせるだけでとろとろと溢れ出して。

御主人様はその滑りを弄ぶかのように、割れ目に沿ってゆるゆると指を前後に動かしていらっしゃいます。

穏やかな快楽に、自然と腰が揺れてしまう私。

その滑りを利用して、ゆっくりとおまんこの中に指が入って来ました。

御主人様が中まで指を入れて下さるなんて…

嬉しくて堪らないのですが、その動きはとてもゆっくりとした物で。

もどかしくてもどかしくて、私の頭の中はみっともない欲望でいっぱいになっていました。




自分が想っていたより、物足りないという感情が表に出ていたのか。

私が焦れったくなっているのを御主人様がお見通しだったのか。

仰向けになるように御命令されました。

私は全裸のまま、ころんと畳の上に転がります。

蛙のようにみっともなく脚を大きく広げて。

すると御主人様は、先程まで私の口内にあったペニスを、上から一気に挿入されました。

その突き抜ける快楽に、いつものように息が出来なくなる私。

深い…

御主人様の御命令で自分の脚を抱えると、それは更に私の奥へと侵入して来ました。

苦しい…

深過ぎてお腹が痛いくらい…

そう想ったのも束の間。

御主人様はお気の向くままにこの穴を使われますから、出して頂くのもその時のご気分次第。

私の快楽なんてお構いなしに、たくさんの精子を注ぎ込んで下さいました。

そして直ぐにペニスを引き抜かれますが、私は蛙の格好のまま動けません。

畳を汚してしまう事を避けるのは勿論ですが、私にはそれよりも動けない理由がある。

御主人様の精子を少しでも胎内に留めておきたい。

そしてより子宮の奥へと飲み込みたい。

そうしておまんこを収縮させていると、御主人様がティッシュを持って来て下さり、私のおまんこに被せて下さいました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2018/06/08 23:52 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する