FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
6858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
309位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

12度目の調教③ ~調教開始~

御主人様が声を荒げる事は決してありません。

そして無理強いをする事もありません。

けれど静かな御命令とその視線が、いつも私の鎖となって覆い被さってくるのです。




慌てて御主人様のスラックスのベルトを外そうとする私に、きちんと座って脱がせるようにとの御指示。

私はベルトに掛けていた手を大袈裟に引っ込め、その足元にきちんと正座をしました。

そして大きく深呼吸。

その時間は一瞬だったけれど、はしゃぎ過ぎていた自分を落ち着かせ、愛奴としての心構えを自分の中で引き戻しました。

そしてもう一度ベルトに手を掛けようとした時、ふと気が付きます。

正座をした私の目の前にある、御主人様のスラックス。

その部分が膨張しているのが、手触りの良い生地越しにも見て判りました。

御主人様が悦んで下さっている...!

その事実に身体の中心がかっと熱くなります。

雑にならないよう気を付けながら、スラックスと靴下を脱いで頂く。

やはり大きく膨らんでいるその部分は、下着越しにその存在感を更に主張していました。

下着のウエスト部分に指を滑り込ませ、ゆっくりと下方へずらして行く。

と、窮屈な中から解放されたペニスが、下着から一気に零れ落ちてきました。

「咥えなさい」

その言葉が終わる前に、私は待っていましたとばかりにはち切れそうなペニスにむしゃぶりつきました。

更に、咥えながら服を畳むようにと、御主人様の御命令が続きます。

私の顔は御主人様の下腹部の正面。

そこに額がくっついてしまいそうな程の距離です。

もちろん自分の手元は全く見えず、服を畳むのは至難の業。

それでも一生懸命に御命令を全うしようと努めます。

けれど一向にその役割を果たせない愛奴に飽きてしまわれたのでしょうか。

御主人様は愛奴の口内にペニスを収めさせたままゆっくりと後退され、そこにあった椅子に腰掛けられました。

私は御奉仕をしながら四つん這いでそれに着いて行き、御主人様の脚の間に座る形となります。

この体勢がとても好き。

御主人様の足元に座っているのが好き。

この視線は常に御主人様を見上げていたい。

お仕えしている感覚と、飼われている感覚。

私は御主人様の愛奴なのだと強く感じられる瞬間なのです。




夢中で御奉仕を続けていると、御主人様の足の甲がおまんこに触れました。

思わず身体が跳ねてしまう私。

そこは触れてもいないのに、御奉仕をしているだけで濡らしてしまう変態おまんこ。

御主人様を汚してしまわないかと心配になる反面、私がどれほど嬉しいのかを、御主人様にもお伝えしたいと想ってしまいました。




「今月はたくさん稼いできましたか?」

御主人様の脚の間に顔を埋めている私の上に、優しい問いかけが降って来ます。

けれど私は答えられず、動かしていた口内を一瞬だけ停止し、緩やかに御奉仕を再開しました。

それは、その答えが「はい」とお答え出来るものではなかったから。




風俗のお仕事は、稼ぎがいい時とそうでない時の差があります。

それは予測出来るものではないし、地域柄やお店によっても異なり、頑張りたくても頑張れない時もあるのです。

私の場合は特段に大きな差ではないにしても、御主人様に悦んで頂ける程、稼げていないという自覚があります。

実際、この時は目標額に達していませんでした。

勿論、その事で責められる事も叱られる事もありません。

けれど私は御主人様に悦んで頂きたい。

その一心なのです。

ですからそれが叶わない状況である事がもどかしく、自分にも腹が立つ。

私にとっては「風俗」ではなく、「御主人様に与えて頂いたお仕事」。

御主人様の為に、御主人様の物であるこの身体を使って、御主人様の為に金銭を稼ぐ。

それが御主人様のお望みである限り、私は悦んで身を投じる。

それだけの事。

そしてそんな私の気持ちを御主人様が知っていて下さる事。

だから私はますます御主人様に悦んで頂きたくて仕方ないのです。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2018/05/22 17:25 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する