FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
5856位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
292位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

12度目の調教① ~御主人様のお迎え~

12度目の調教日の朝。

2ヶ月ぶりにお逢いする御主人様を迎える為、私は小雨の中、空港へと車を走らせていました。

前回の約束通り、今回は御主人様が私の住んでいる所へ来て下さいます。

隣の県には人気のある温泉があり、今回は温泉好きの御主人様にそこをお勧めしたのです。

御主人様が泊りがけでこちらに来て下さるのは、2度目の調教の時以来。

私は御主人様に悦んで頂きたくて、この2ヶ月間、色々と計画を練っていました。

御主人様と2日間一緒に過ごせる事も、約一年ぶり。

私は修学旅行前の子供のように、飛び上がりそうな気持ちを抑えきれず、意味もなく車を飛ばしていました。




お昼前に空港に到着された御主人様。

そわそわと到着口の椅子に座っていた私に気付かず、目の前を通り過ぎてしまわれました。

私は慌てて立ち上がり、その背中を追いかけます。

たくさんの人がいる中で「御主人様」とお声がけする訳にもいかず、なんとか御主人様に追い付き、ジャケットの裾を掴みました。

2ヶ月ぶりにお逢いする御主人様。

いつも想う事ですが、素敵な素敵な御主人様を前にして、私は毎回夢心地になってしまいます。

まるでそこには二人しかいないよう。

御主人様の纏う不思議な雰囲気が、これは夢なんじゃないかと本気で想わせてしまうのです。




空港に隣接された駐車場まで移動し、御主人様が私の車の助手席に座って下さいました。

私がいつも見ている風景の中に、御主人様がいらっしゃる。

それは物凄く特別な感覚で、初めて調教を受けた時の記憶が蘇ります。

御主人様は私の夢。

こんな御主人様がいたらいいなと想い描いていた人物が、今、目の前に存在している。

それが現実なのかも判らなくなる程に、御主人様は私の理想そのままなのです。




ああ、今が人生で一番幸せ。

今命が尽きたなら、最高の人生だったと言える。

いつもいつもそう想ってしまう私を、御主人様はお叱りになるかもしれません。

けれど本当に心からそう想うのですから、仕方がないのです。

それは破滅思考ではなく、これ以上の幸福がない事を知っているから。

出来る事なら御主人様のお傍で、この命を終わらせたい。

それが私の一番の望みかもしれません。




夢のような心地の中、私は安全運転を心掛けながら、お気に入りのお店に御主人様をお連れしました。

いつものお店に不釣合なのは、御主人様がいらっしゃる事。

まるでそこだけが異空間になってしまったかのように、物凄い違和感を生み出しています。

私の理想がそのまま形になった御主人様。

それが今、私の日常生活の中に溶け込んでいる。

その様子を目の当たりにし、私は料理の味もよく判らなくなっていました。

けれどそんな私に反して、どうやら御主人様は気に入って下さったよう。

器の中はすっかり空っぽになっていました。




私が食事を終えると、御主人様からお財布を渡され、煙草を吸っている間にお会計をしておくように指示をされます。

御主人様のお財布を預かるのは2度目。

最初は物凄く驚きました。

普通は誰かに自分の財布を預けたりしないだろうし、私は家族にも触らせたりしません。

けれど御主人様はそれを私に赦して下さっている。

そうする事が当たり前のように、自然に。

それが嬉しくて嬉しくて…

御主人様が私を赦して下さっている証拠を大事に掌で包み、勝手に上がる口角を必死で抑えようとしていました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2018/05/13 01:07 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する