FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
17097位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
749位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

10度目の調教⑪ ~愛奴の我儘~

前回より人の少ない検査場前。

私は御主人様に合わせて立ち止まります。

離れたくない…

この私の態度が、いつも御主人様を困らせてしまうのだと解っていても、そこだけはどうしてもお利口さんになれない。

その言葉通り、一秒でも長く御主人様と一緒にいたくて、私はやっても仕方のない駄々を捏ねるのです。




すると早く行けとばかりに、御主人様はその身体ごと私を押し出そうとされます。

このまま離れるのは嫌…!

私はやっと意を決して聞きました。

良いお年を、と言わなくてはなりませんかと。

それは「今年はもう逢えないのですか」と直接聞けなかった私の精一杯。

そして御主人様は少し言葉を濁され、12月は忙しいから無理だろうなと困ったようなお顔をされました。

ああ…

やっぱりそうだ…

そうに決まっている…

解っていたのに…

その言葉が槍となり、ずんと胸に刺さりました。

一年の最後の月にお逢い出来ない事はもちろん、求め過ぎている自分と、お利口さんになれない自分が嫌で。

私はその場から動かず、少しふざけて、御主人様にむくれた顔を見せました。

解っていても、心はそれに追いつけない。

それが無意味な事だと解っていながらも、私は駄々を捏ねずにはいられなかったのです。




けれど離陸時間は迫ってくる。

私はむくれながらも観念し、御主人様のお傍を離れて手荷物をカゴに入れました。

でもやっぱり…

どうしても嫌。

今年はもう御主人様にお逢い出来ないのに。

離れたくないのに。

御主人様が私の居場所なのに。

動かせない事実に、怒りにも似た強い想いが私を動かします。

荷物をカゴに放置したまま、私は身体だけ御主人様の元へ戻りました。




「今日は人が少ないから良いですか?」

そう聞いたけれど、私は答えを求めてはいませんでした。

いいよ、という御主人様のお返事を遮るように、私はその唇に舌を這わせます。

前回出来なかった、行ってきますの御挨拶。

それは御主人様の首筋を舐めさせて頂く事だったのに、私は感情に任せて、言葉にする事の出来ない想いを無意識にぶつけていました。




私は再び御主人様のお傍を離れて検査を通り抜け、いつものように振り返りました。

肘を伸ばし、大きく手を振って下さっている御主人様。

良いお年を。

そう掌に乗せて、お互いが見えなくなるまで手を振り続けていました。




今年はもう御主人様の御姿を見る事も、声を聞くことも出来ない。

自分でも理解していたし、仕方のない事。

けれどそれが可笑しいくらいに悲しくて悲しくて仕方なくて。

御主人様の御姿が見えなくなった途端、涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

いつもは直ぐに御主人様にメールを打つのですが、それすらも出来ない。

だって何を言ったらいいのか、どんな反応をしたらいいのか解らない。

いつもは抑えている感情が溢れ出し、どうする事も出来なくなっていました。




ふと携帯を見ると、御主人様からメッセージが届いています。

「気を付けて帰りなさい」、と。

飛び込んで来たその文字に、更に涙が溢れました。

だって私の帰る場所は、御主人様の足元なのに。

そこが私の居るべき場所なのに。

どうして私は行かなければいけないの…

私と御主人様の心が繋がっていても、いつも事実は変わらない。

どうする事も出来ない。

だから必要以上に私達は言葉を繰り返す。

御主人様の御言葉は、いつも私を拾い上げて下さる。

あの時、私を見つけて下さった時のように。

私は御主人様に助けを求めるように、携帯を握り締め、泣きながらそのお名前を何度も声に出して呟いていました。




いつもはすぐに返ってくる私からの返事がなかった事で、御主人様は勘付かれたのでしょう。

「お前の泣く姿は見たくないよ」

そのメッセージを見て、涙は更に溢れて来ました。

どうして解ってしまうんだろう。

どうして御主人様はいつも私をお見通しなんだろう。

こんなにこんなに想って頂いているのに、私はどこまで貪欲なんだろう。

馬鹿なんだろう。

御主人様を困らせたくない。

でも今日は良い子になれなかった。

少しだけ我儘を言いたかった。

いつも飲み込んでいる想いを、少しだけ出してみたかった。

そんな事をしなくても、私が発しない言葉まで御主人様は御存知なのに。

私は悲しさと寂しさと同じくらい、動かない事実と駄目な自分に腹が立っていました。

もっと成長しなければ…




私は御主人様の愛奴。

唯一の愛奴。

御主人様の一生の愛奴。

その名に恥じぬよう、御主人様に誇って頂けるよう、もっと強くありたい。

御主人様の自慢の愛奴になりたい。

そう決心した今年最後の調教。

夜景の空に浮かぶ三日月が、私の浅はかな心を見透かしているようで。

その美しさに負けないように、私はぼろぼろと涙を流しながら、一人で月を睨み返していました。





10度目の調教はこれにて終了となります。

年末に御主人様にお逢い出来なかった事で、なかなかこの記事を書く気持ちになれませんでした。

筆が進み出したのは次の調教が決まってから。

11度目の調教も既に終了していますので、また少しずつアップして行く予定です。

いつも読んで頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2018/02/16 23:56 】

リアル調教  | コメント(2)  |

コメント

--- はじめまして ---

お気持ち伝わって来て号泣してしまいました。
お逢いした後の寂しさは 本当に辛いです。
ぽち  *  URL[編集] 【 2018/03/28 22:12 】
--- Re: はじめまして ---

ぽち様、コメントありがとうございます。


あの時の気持ちがきちんと表現出来ていたようで、ぽち様のコメントを読んで嬉しく思っています。
その反面、泣かせてしまって申し訳ない気持ちにもなっています。
私も記事に出来ない程、辛く悲しい想いをしていました。
ぽち様も御主人様にお仕えされているのでしょうか?
亀更新ですが、また遊びに来て下さると嬉しいです。
愛奴  *  URL[編集] 【 2018/03/29 22:50 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する