FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
6858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
309位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

10度目の調教① ~愛奴の誕生月に~

私はいつものように御主人様が待っていて下さる駅に降り立ちました。

本当はお逢い出来る予定ではなかった今月。

けれど私の誕生月だからと、御主人様は時間を作って下さいました。

一緒に祝える筈のない誕生日。

だからこそ、御主人様のお気遣いが嬉しくて嬉しくて堪らなかったのです。




駅前で私を待っていて下さった御主人様は、すっかり冬の装い。

すぐにそのお姿を見つけ、急いで駆け寄りました。

けれど御主人様は私の姿を確認すると、私が追いつくのを待たずに歩き出されます。

私はいつもその背中を追いかけるのです。




今回はいつもと違うホテル。

広いお部屋とバスルームに、御主人様は満足されているご様子で、私も嬉しくなりました。

荷物を置いて、ホテル内のレストランでランチを済ませます。

いつものように御主人様がメニューを決めて下さり、私がそれをお皿に取り分ける。

最初の頃よりは少し上手く出来るようになったでしょうか?

御主人様にお話したい事がたくさんありすぎて、食べるのが遅いと叱られてしまいました。




ランチを済ませてお部屋に戻り、私はシャワーを浴びて準備をします。

バスタオルで身体を拭いて部屋へ戻ると、御主人様は椅子に掛けられ、携帯を操作していらっしゃいました。

スーツケースの鍵を開けてから、御主人様に寄り添うように、ゆっくりと絨毯の上に座る私。

すると御主人様は、足元にいる私の横を抜けて、お道具がたくさん入ったスーツケースに向かわれました。

その背中を見つめながら、御主人様に使って頂ける期待で胸がいっぱいになる。

愛奴として精一杯お仕えしなければと想っていた時、御主人様がこちらに戻って来られました。

その手には銀の首輪。

前回使わなかった、私の金属の首輪。

御主人様の愛奴である事の証。

私は自ら顎を上げ、首輪をねだります。

「冷たいな」と言いながら、私の熱を持った首に、金属の首輪を沿わせる御主人様。

その冷たさすらも快感に想う程、私は身体を震わせていました。

私が御主人様の愛奴として、本来の姿に戻れる時。

首輪を固定する御主人様の息遣いをすぐそこに感じながら、それだけで達してしまいそうな程に陶酔していました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2017/12/18 22:45 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する