FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
11685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
498位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

8度目の調教⑦ ~貢~

ゆっくりと私が身体を起こすと、今度は御主人様がうつ伏せで私の横に身体を休められます。

マッサージをさせて頂く為、そっと御主人様のお尻に跨ると、柔らかい感覚が私のおまんこを包みました。

初めての感触に、思わず「柔らかい…」と呟く私。

以前にもお話させて頂きましたが、調教の最中に御主人様と肌が触れ合う事は殆どありません。

だからこそ御主人様との触れ合いは、私にとって更に特別な物となるのです。




腰を中心に指圧をしていると、御主人様はあっという間に眠りに落ちて行かれました。

しばらくマッサージを続けていましたが、御主人様を起こしてはいけないと想い、そっとベッドから降ります。

大きな窓に近付くと、足元には都会の街並みが広がっていました。

私がここにいる事は、家族も友達も誰も知らない。

誰にも告げず、1人で御主人様の元に帰り、こうやって調教を受けている。

誰も知らない本当の私。

今この場所に居て、お傍には御主人様がいらっしゃる…

こうやって私は御主人様だけに認められ、赦されて生きているのだと実感し、孤独の後に幸せを感じながらベッドに戻りました。




しばらくうつ伏せのまま眠っていらっしゃった御主人様。

寝返りをうって仰向けになると、眠たそうなお顔で右手を伸ばして下さいました。

私はその腕の中に飛び込み、再び御主人様の息遣いを感じていたのです。




よっぽどお疲れなのでしょう。

時間は迫って来ますが、お声をかけても全く起きる気配の無い御主人様。

出来るだけ休んで頂きたくて、一人で時計とにらめっこをしていました。

するとふと御主人様が目を覚まされます。

ベッドサイドの時計を確認し、「この時計は合ってるの?」と仰いました。

どうやら予定に反して、長く眠られた事を後悔されている御様子。

無理にでも起こした方が良かったかなと想いながら、2人でさっとお湯に浸かりました。




まだお渡ししていなかったと想い、ベッドに戻っていらっしゃる御主人様に封筒を手渡します。

私が御主人様の為に稼いだお金。

たくさん稼げたので褒めて頂けると想い、御主人様の脚の間で待つ私。

そんな私の様子を感じ取られたのか、「しゃぶりなさい」と御命令されました。

御主人様はお札を数えながら御奉仕されるのを好まれます。

それを知っている私は、御主人様に悦んで頂きたくて、柔らかくなっているペニスに一生懸命舌を這わせました。

お札の擦れる音。

今回は御主人様の上に10枚ずつ落とされて行きます。

風俗で稼いたお金を前に、御奉仕をする私。

それは御主人様の為に、全てを貢ぐ愛奴の姿。

けれど御主人様と私を繋いでいるのは、このお札ではありません。

御主人様の為に風俗で働く事、それを全て御主人様にお渡しする事。

それらは御主人様と私を繋ぐ絶対的な関係性を示す道具に過ぎないのです。

形のない想いを表す為。

この関係の強さを示す為。

私の御主人様への想いを伝える為の、ひとつの方法。

愛の言葉なんかでは表現出来ない、私の御主人様への想い。

その気持ちをお届けしたくて、私は悦んで御主人様の為に風俗で働いているのです。




そんな気持ちでお札にまみれながら、唾液でお札を汚さないよう、大きく膨張しているペニスに御奉仕を続けました。

aido23
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2017/09/28 00:24 】

リアル調教  | コメント(0)  |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する