FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
10036位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
475位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

11度目の調教④ ~御主人様からの愛撫~

御奉仕に夢中になっている私に、御主人様はベッドを整えるようにと指示を出されます。

私はお返事をしたものの、ペニスから離れるのが名残惜しく、ゆっくりとその唇を開きました。

唾液の糸で繋がる、御主人様のペニスと私。

それだけで嬉しくなり、私はベッドの上にある御主人様のお洋服をクローゼットへと運びました。

その間に御主人様はベッドに移動され、壁にもたれながら、私が来るのを待っていて下さっているようでした。




そっとベッドによじ登り、御主人様が伸ばされている脚の間にちょこんと座ります。

すると私の股間にその足先が伸びて来て、御奉仕をするだけで涎を垂らしているおまんこを弄って下さるのです。

私は全身の力が抜けていくような感覚に襲われ、その反動でせり上がってくる悦びを身体中で感じていました。

「こっちに尻を向けなさい」と、御主人様からの御命令。

私は力の入らない身体をゆっくりと持ち上げ、御主人様のお身体を跨ぎました。

御主人様のお顔の前には、涎を垂らしているおまんこと、収縮を繰り返しているアナルが晒されているに違いない…

その事実を確認するにはあまりに恥ずかしく、私は顔の前にある御主人様のペニスに唇を寄せました。




御奉仕をさせて頂いているだけで、とろとろと愛液を溢れさせてしまう変態おまんこ。

御主人様を汚してしまうのではないかと心配でしたが、それよりも、その指で弄って下さっている事に私の意識は集中していました。

おまんこに触れているのは、御主人様の足先ではなく、その指。

私が御主人様のお顔の前に股間を差し出してから、そこに触れていた足先は、指へと変更されていました。

御主人様が私のおまんこを直接弄って下さる事は、余りありません。

私はそれを不満に想っていないし、御主人様が必要ないと考えていらっしゃる時はそれで良い。

逝く事もまた然り。

御主人様が私を使って悦んで下さるのなら、その他の事はどうでもいい。

心からそう想っています。

だから突然に愛撫をされると、私の感情がついて行けず、嬉しくて堪らないのにどう反応していいのか判らなくなってしまうんです。

けれど身体は貪欲に快楽を求める。

御主人様は、私の一番好きな部分を集中して擦られます。

溢れる愛液の滑りを利用して、御主人様の指が何度も往復する。

私は一気に上り詰め、身体がびくんびくんと痙攣をして、まともに御奉仕をする事が出来なくなってしまいました。

けれどそれは御主人様の御命令ではない。

「逝け」と言われていない。

私は必死に意識を手繰り寄せ、御奉仕に集中しようと試みます。

そんな私を試すように、今度はおまんこに指を差し込まれ、激しく出し入れを始められたのです。

私の戸惑いは、快楽と共に更に大きくなりました。

こうやって私を弄って下さるのはいつぶりだろう。

今、御主人様にそうして頂いている事が信じられなくて、私は壊れ始めていました。

それはきっと、大切な大切な御主人様の手だったからなのでしょう。

今までに感じた事のないような、心までどこかへ飛んで逝ってしまうような感覚。

私がいつも感じている絶頂とは違う、幸福の絶頂。

身体の快楽によって押し上げられ、そのずっと上を飛んで、このまま天国に行ってしまうような…

そうしてまともに御奉仕をする事が出来なくなった私に、御主人様は上に乗るようにと御命令されました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2018/03/28 01:18 】

リアル調教  | コメント(0)  |

11度目の調教③ ~御奉仕の悦び~

御主人様の足元。

ここが私の居場所。

自分の身体が御主人様の脚の間にすっぽり収まっているのが嬉しくて、私はその両脚に腕を絡ませ、御主人様の脚の間で頭だけを動かしていました。

すると両手でペニスを持つようにと、頭上から御指導を頂きます。

私は絡ませていた腕を解き、中央にあるペニスにそっと両手を添えました。

すると一気に硬さを増す御主人様のペニス。

その反応に嬉しくなって夢中で御奉仕をしたくなりますが、直ぐに逝かせる事を御主人様は望まれません。

私は半分だけ冷静でいるよう自分に言い聞かせながら、ゆっくりと味わうように御奉仕をしていました。




それが焦れったかったのでしょうか。

「私の好きな所を知っているだろう?」と、御主人様からの催促。

もちろん知らない訳がありません。

何度も教えて頂いた、御主人様の気持ちの良い所。

私はペニスの上で唾液にまみれた唇を滑らせ、その場所へと辿り付きました。

そこを入念に唇と舌で刺激し、吸い付き、頭をひっきりなしに動かします。

御主人様に悦んで頂きたい。

目を閉じ、その反応をじっと伺う。

すると苦しいような切ないような短い吐息が聞こえました。

御主人様が感じて下さっている…

私は嬉しくて嬉しくて、いっそう丁寧にその場所を責めました。

気持ちが良いですよと、頭上からお褒めの言葉を頂きます。

嬉しい…!

御主人様が教えて下さった、御主人様の為の御奉仕。

私は御主人様の意思と価値観で創られている。

御主人様の為の私。

御主人様のお役に立つ為だけの存在。

それが私の全て。

「この場所をずっと覚えておきなさい」

御主人様からの御言葉。

このペニスは私だけが御奉仕出来るもの。

今後一切、私以外が触れる事はない。

私だけの御主人様のペニス。

私は嬉しくて嬉しくて、口いっぱいにペニスを頬張りながら、何度も頷いてお返事をしました。

ずっとずっと忘れる事はありません、御主人様。

だってこれは私の勤め。

御主人様の為に、私が一生をかけて勤め上げるもの。

ですから私はこんなにも幸せで、我を忘れるくらい御主人様への御奉仕が嬉しくて堪らないのです。




その場所を集中して御奉仕していたからか、御主人様のペニスは私の口内に収まりきらない程に膨張していました。

逝かせてはいけないと、御主人様から注意を受けます。

私は唇と舌の動きにブレーキをかけ、またねっとりとした御奉仕に変更しました。

それでも御主人様のペニスは反応を続け、その先端からは透明な液体が溢れていました。

零さないように慌てて愛液を舐め取り、またすっぽりと口内に収めます。

とっても硬い…

「止めなさい」

突然の御主人様からの御命令に、私は驚いて、愛しいペニスからさっと離れました。

さっきまで私の口内にあったペニスが、私の目の前にあります。

すぐそこにあるのに触れられない。

その焦れったさに、なんだか悲しい気持ちが込み上げて来ました。

そんな私に気付かれたのか、御奉仕を再開するように御命令を頂きます。

私は「おあずけ」を解かれた犬のように、硬くそそり立っている御主人様のペニスに飛び付きました。

嬉しい!

けれどまた直ぐに訪れる、止めなさいのお声。

そしてしょんぼりしている私を確認すると、再びお赦しを下さる御主人様。

私は御主人様がなぜそうされるのかなんて、考える余裕もありません。

ただただ御奉仕がしたい。

御奉仕出来る事がこんなにも嬉しい。

私はおあずけとお赦しを繰り返しながら、その悲しさと悦びをひしひしと感じていました。

いつの間にこんなに御奉仕が好きになったんだろう。

嫌いだった筈なのに。

御主人様に変えて頂いた価値観を実感しながら、私はまた一層悦んで、見えない尻尾をぱたぱたと振っていました。




「今度から部屋に入ったら直ぐに奉仕しなさい。それが挨拶ですよ」

御主人様の御言葉に、そうしてもいいんだ!と興奮する私。

鼻息を荒くしながら、また何度も頷きました。

ああ、けれど御奉仕が御挨拶なのだとしたら、御主人様の唇を舐めさせて頂く事は出来ないのだろうか…

そんな事を頭の片隅に想いながら、私は夢中で御主人様のペニスにむしゃぶりついていました。
【 2018/03/24 00:03 】

リアル調教  | コメント(0)  |

11度目の調教② ~調教開始~

絨毯が張り巡らされた長い長い廊下。

私の前方を颯爽と歩いて行かれる御主人様の後を必死に追いかけ、私達は今回のお部屋へと到着しました。

ドアを開け、お部屋の大きな窓から見えたのは、綺麗な景色ではなく大きな道路の向こうにある大きなホテル。

狭いなと、御主人様は少し不服そうですが、広いお部屋にまだまだ慣れていない私は、御主人様をすぐお傍に感じられるお部屋も大好きなのです。




少しでも時間が惜しいので、私は早速スーツケースを開けてお道具の準備を始めました。

まずは首輪だな、と呟かれる御主人様。

私の耳に確かに届くそのお声に、金属の首輪を一番に準備しました。

そのまま他のお道具を出していると、背後から御主人様が首輪を着けて下さいます。

今回も冷たい首輪。

冷たい冷たいと二人でくすくすと笑いながら、私は鳥肌を立てて悦んでいました。

この証は特別。

御主人様が与えて下さった、愛奴の証。

調教の時だけでなく、肌身離さず着けていたいくらい大切な物なのです。




首輪を装着して下さると、御主人様は静かに椅子に腰掛けられ、煙草に火をつけられました。

ふんわりと香ってくる、御主人様の煙草の匂い。

最初はその匂いに慣れなくて、頭がくらくらした事もありました。

けれど今は、その匂いすらも御主人様の一部。

私は心地良い煙に包まれながら、お道具の準備を終えました。




御主人様が煙草を吸い終わられたので、ジャケットをハンガーに掛けましょうとお声を掛けます。

すると立ち上がって、私に背を向ける御主人様。

少し両腕を持ち上げて、ん、と私に促されました。

その一言が堪らなく嬉しい。

そうすれば私が理解するのだと、御主人様は解って下さっている。

御主人様から、私への信頼。

そのお気持ちを感じながら、私は目の前にある大きな背中からジャケットを取り除きました。




ハンガーにジャケットを掛けて御主人様の元へ戻ると、服を脱いで全裸になるようにと御命令を頂きます。

大きな窓ガラスから差し込む陽射しに縮こまりながら、私は身に付けていた物を全て脱ぎ、御主人様の足元に座りました。

続いて靴を脱がせるように指示が追加され、私は磨かれた御主人様の革靴を引っ張ります。

すると靴から解放された足は、そうする事が当然のように、そのまま私の太腿の上に乗せられました。

ああ、私、御主人様の足置きになれているんだ...

そう心の中で悦ぶと、おまんこが勝手に収縮しました。

けれど何事もないように平静を装い、私はそのまま靴下にも手を掛けます。

裸足になった御主人様と、全裸になった足置き。

それが堪らなく嬉しくて、私のだらしないおまんこは、その中に涎を溜めていました。




すると椅子から突然立ち上がられる御主人様。

絨毯の上に座り込んでいる私の顔の前にあるのは、御主人様の股間。

私の鼻がくっついてしまいそうなくらい近くにあります。

これは私が脱がせてさしあげてもいいんだ…

そう理解し、ベルトに手を掛けようとした時、スラックスの上からでもそこが膨らんでいるのが判りました。

嬉しい…

御主人様が悦んで下さっている。

実際に見なくても容易に想い出せる、御主人様の大きなペニス。

私は一人で想像をして、口角が上がらないよう平静な顔をしてベルトに手を掛けました。

スラックスの下は、私が予想していた通り。

その膨らみにうっとりとしてしまいます。

そして下着に手を掛け、ゆっくりと下げました。

私があまりに顔を近付けていたからでしょう。

下着から一気に解放されたペニスに、顔を弾かれてしまいました。

頬に触れる、大好きな御主人様のペニス。

愛おしい匂い。

私の脳に焼き付いて離れない、御主人様のペニス。

あまりの嬉しさに思わず笑みがこぼれます。

椅子に腰掛けられた御主人様から舐めなさいとの御命令を頂き、私は床の上で身体の向きだけを変えて、御主人様の脚の間にすっぽりと収まりました。
【 2018/03/14 22:30 】

リアル調教  | コメント(2)  |