FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
17097位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
749位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

9度目の調教⑧ ~愛奴の慟哭~

私も急いで身体を拭き、先にベッドに戻られている御主人様の後を追います。

例え一時だとしても、御主人様のお傍を離れたくない。

それは愛奴としての務めと、私の強い想い。

限られた時間をめいっぱい御主人様の元で過ごしたい。

大袈裟かもしれませんが、私がこれから生きていく時間、一秒でも多く御主人様と共に在る事。

それが私の一番の願いなのです。




私はバッグから封筒を取り出し、ベッドで寛がれている御主人様にお渡ししました。

いつもと同じ光景。

けれどいつもと違う。

分厚い封筒。

今回は初めての帯付きをお渡しする事が出来たのです。

静かにベッドに上がり、御主人様の脚の間に座りました。

合図を受けて、柔らかくなったペニスに御奉仕を始める私。

いつもは10枚ずつ放られていくお札でしたが、今回は御奉仕をしている私の上にポンと置かれました。


aido24


私が御主人様の為に頑張った証拠。

御主人様が悦んで下さるのなら、金額なんてどうでもいい。

私は頭を撫でて貰う犬のように、ただただ嬉しいばかりだったのです。




「おまんこを使えるようにオナニーしなさい」

御奉仕を続けている私に、御主人様が御命令されます。

私は四つん這いのまま右手を延ばし、自分のクリトリスを弄り始めました。

身体は時々痙攣をしていますが、ちっとも気持ち良くなれない…

あんなにオナニーが好きだった筈なのに。

御主人様に仕える悦びを知った私は、もうオナニーに価値を見い出せなくなっていました。

けれど御主人様の御命令。

やらなければ。

そうして結局快楽に飲まれていくどうしようもない愛奴。

身体はその刺激に素直に反応し、ペニスへの舌使いが疎かになってしまいます。

どうしても両方同時に出来ない…

そんな私を見兼ねて、御主人様がクリトリスに電マを当てて下さいました。

御主人様に責めて頂いている嬉しさで一気に快楽が膨らみ、私は絶頂寸前まで上り詰めます。

けれど御主人様はそんな事を求めていらっしゃるのではない。

上り詰める瞬間に電マを離され、ベッドにうつ伏せになるように仰いました。

四つん這いだった私は、そのままぺたんとベッドの上に潰れます。

そして先程まで御奉仕していたペニスで、後ろから一気に貫かれました。

下半身から頭のてっぺんまで駆け抜ける衝撃。

それは身震いに似ているかもしれません。

貫かれたと同時に激しく打ち付けられ…

快楽、苦痛

焦燥と幸福感。

内臓を揺さぶられ、全ての感情と感覚が津波のように押し寄せて。

私はベッドの縁を掴んで、動物のように鳴いていました。

それは喘ぎ声ではない。

本能を剥き出しにした生き物の慟哭。

御主人様にお伝えしたい、私の言葉に出来ない想い。

聞き苦しくて醜い

狡猾で汚い

素直で悪い声。

御主人様に突かれて、私の中から押し出されていく。

そして直ぐに逝ってあげると甘い囁きを下さり、私はそれをおねだりしたのでした。




御主人様の動きが止まり、膣内に精子が注がれます。

私が動けないのはいつもの事なのですが、御主人様は私の中からペニスを抜かず、そのまま私の上に体重をかけられました。

肩で息をしながら、重なり合っている私と御主人様。

どのくらいそうしていたのか、御主人様は私の傍にいて下さいます。

あまりに幸せ過ぎて、このまま命が尽きてしまえばいいのにと願いました。

「首輪も手枷も付けずに使うのもいいですね」

私の上でそう仰る御主人様。

ゆっくりと身体を起こし、ベッドに腰掛けられました。

膣中に入っている御主人様の精子が溢れないよう、私はうつ伏せのまま身体を引きずって、御主人様のお傍に身体を寄せます。

そしてすっかり柔らかくなっているペニスに舌を這わせ、お掃除をさせて頂きました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2017/11/25 22:49 】

リアル調教  | コメント(0)  |

9度目の調教⑦ ~休息~

私が身体を起こすと、御主人様はくるんと身体を捻ってうつ伏せになられます。

「オイルは持ってきたか?」

そう聞かれ、私は元気良く返事をして、バッグからベビーオイルを取り出しました。

前回の調教の際、マッサージをするように御指示を頂いていたのにも関わらず、私はオイルを用意していなかったんです。

誰かにマッサージをするのが初めてだったので、オイルを使うという発想がありませんでした。

なので今回は絶対に忘れないようにと、何度も荷物を確認していたのです。

前回と同じように、柔らかい御主人様のお尻をおまんこに感じながら、私はオイルを掌で温めてマッサージを始めました。

御主人様が多忙なのはもちろんの事、それに伴うストレスや睡眠不足もあり、多方面でお疲れである事は解っています。

私のマッサージなんかで癒せる物ではないでしょう。

それでも、一時でもリラックスして頂きたい…

少しでも御主人様のお力になりたい。

そう気持ちを込めて、指先まで全身をマッサージさせて頂きました。




「30分経ったら起こしなさい」

マッサージが終わると、そう言って私に背を向けてお休みの体勢を取られる御主人様。

前回の失敗を踏まえて、私は携帯のアラームをセットします。

御主人様の隣にいては、私が癒され過ぎて、起きていられる自信がないのです。

そうしていると、寒いから背中にくっつくようにと御主人様が仰いました。

私は、少しでも寒くないようにと必死で身体を密着させましたが、本当はそうさせて頂くのが嬉しくて仕方なくて。

御主人様と私の身体に隙間が出来ないように、御主人様に私の体温が伝わるように。

その背中にぴったりとくっつきました。

「あったかいな」

そう言って、脚を絡ませて下さる御主人様。

裸のままもつれ合って。

このまま永遠に時が止まればいい。

なんて幸せな時間…

そう想っていたからでしょう。

私は自分でセットした携帯のアラームで起きる事が出来ませんでした。




ふと気が付いたのは、御主人様がベッドから立ち上がった時。

どうやら眠りこけてしまったのは私のようでした。

いけない、と慌てて自分を起こすようにバスルームへ行き、バスタブにお湯を用意します。

二人並んでお湯に浸かり、御主人様のお身体をバスタオルで拭き上げて、またベッドへと戻りました。
【 2017/11/24 00:06 】

リアル調教  | コメント(0)  |

9度目の調教⑥ ~口という名の穴~

私の口内にすっぽりと収まったペニスからは、甘い愛液の味がします。

御主人様から溢れ出る液体をひとつ残らず味わいたくて、私は真上を向いたまま必死に舌を動かしました。

口内で糸を引き、唾液と混じり合っていく御主人様の愛液。

それを私の中に取り込もうと喉を鳴らすと、御主人様から深い溜息が聞こえました。

ああ…御主人様が悦んで下さっている…

私、お役に立てている…

もっともっと悦んで頂きたくて、御主人様がお好きな部分を舌で擦るように動かします。

それに反応して、更に深く押し込まれるペニス。

顔の上で揺れている御主人様の身体に合わせ、無理に押し拡げられる喉の痛みと嗚咽が、私の思考を奪って行きました。

御主人様の御命令通り、M字開脚のまま電マを固定している私でしたが、今はその感覚すらも感じていません。

呼吸と意識を抑制され、胃液が体外に出そうになった時、喉奥まで到達していたペニスが突然引き抜かれました。

咳き込んでいる私の上を通り、ベッドに仰向けになられる御主人様。

「奉仕しなさい」と私の方を見ずに御命令されます。

なんとか返事をしてベッドに上がろうとしますが、全身に力が入らず、なかなか御主人様のペニスに辿り着けない…

早くしなさいと叱られながら、やっと御主人様の脚の間に座りました。




私の唾液で濡れているペニスからは、今まさに愛液が滴り落ちようとしています。

私は慌ててその雫を舐め取りました。

御主人様が反応して下さっている証。

なんて愛おしくて狂おしいんだろう…

私は夢中になってその雫を味わいました。

直ぐに逝かせてはいけないよと御主人様に注意を受けながら、御奉仕のスピードを調整します。

教えて頂いた事。

いつも言われている注意点。

自分が壊れて御奉仕が疎かにならないように。

丁寧に。

御主人様への気持ちを込めて。

そうやって丹念に舌を這わせていると、時々咥えるようにとお赦しが出ました。

そっと口内に収めてみます。

「もっと奥に」

苦しくない所まで頭を下ろしました。

「もっと」

喉奥に当たります。

「もっと入るだろう」

それは、「お前ならもっと入るだろう」

そう聞こえました。

私は自分の苦痛を無視し、物理的に可能な所までぐっと頭を押し込みました。

すると一気に胃液がせり上がって来て、反射的に御主人様のペニスを口外に出してしまいます。

私の唾液は胃液と混じり合って泡立って。

そのペニスをまんべんなく包み込んでいました。

どうしてこんなに愛おしいんだろう。

そう想いながら再びペニスを口内に咥え込んだ時、突然大量の液体が私の中に流れ込んで来たのです。

口いっぱいに広がる御主人様の精子。

私は零さないように一気に飲み込みましたが、御主人様を早く逝かせてしまった事を少し後悔していました。

御主人様は長い時間の御奉仕を好まれます。

それを解っていながらそう出来なかったのは、愛奴の失態。

怒られてしまうのではないかと少し身構えたのですが、そのペニスはまだ先程と形を変える事なく、しっかり自立していました。

私はまだ精子が残っているかもしれないと想い、再び御奉仕を始めます。

御主人様は何も言わず、その様子をじっと伺っていらっしゃるよう。

下を向いている私には御主人様のお顔は見えませんが、何も仰らないという事は、私の行動は間違っていないのだと解る。

御主人様がまた悦んで下さるように。

気持ちよくなって下さるように。

ただ無心で御奉仕を続けていました。




それは5分くらいだったでしょうか。

ふと御主人様のお顔を見上げると、綺麗になったか?と静かに仰いました。

私はお掃除をしているつもりではなかったのですが…

はいとお答えします。

そしてゆっくりと御主人様のペニスから離れました。




【 2017/11/21 23:27 】

リアル調教  | コメント(0)  |

9度目の調教⑤ ~オナニーショー~

泣いている間もお尻は叩かれ続けていて、私は堪らず御主人様にもたれ掛かってしまいました。

それでも何も仰らず、私を受け入れて下さる御主人様。

こうしていてもいいのだと判断した私は、その肩にぎゅっとしがみつきました。

御主人様の髪の毛、首筋の匂い…

その手は強く私のお尻を弾いていますが、御主人様のぬくもりと赦しを感じ、更に涙が溢れ出て来ました。

ワイシャツを濡らしてしまわないよう、涙を拭う事だけは忘れずに。



ふと、お尻へのスパンキングが止まり、今度は乳首にぴりっとした刺激が走ります。

御主人様が私の乳首を摘んで下さっている…

さっきまでの悲しさと痛みが一瞬で消え失せ、私は甘い声で鳴きました。

冷たい視線と無言の圧力…

御主人様の世界で、私は飾る事をせず、ありのままに馬鹿な姿を曝け出します。

「ポンプを出しなさい」

御主人様の指示を受け、涙でぐしゃぐしゃの顔を手の甲で拭いながら、私はスーツケースからお道具を取り出しました。

去年与えて頂いた、ゲージポンプ。

御主人様が乳首を吸引しようとレバーを引いて下さるのですが、どうもうまく作動しません。

どうやら壊れてしまった様子…

幾度となく私と一緒に御主人様の元に帰っているお道具ですから、その道中で故障してしまったのでしょう。

「今日はお前の乳首を肥大させようと想っていたのですが…」

御主人様の残念そうなお顔を見て、私も悲しい気持ちになります。

けれどそれも束の間。

今度は四つん這いになるように御命令され、私は御主人様を背に絨毯の上に手を付きました。

そして赤くなっているお尻を数回叩かれ、その足を私の上に乗せて下さったのです。

ずっしりと感じる御主人様の重み。

ひりついているお尻。

御主人様のお顔は見えませんが、こうしてその足元にいられる事に、どうしようもなく被虐心を掻き立てられていました。




ポンプが使えない為、代わりに電マでオナニーをするようにとの指示を頂きました。

椅子に座っていらっしゃる御主人様に再び向き直り、M字開脚をして電マのスイッチを入れます。

クリトリスが飛び出すように包皮を剥くと、今にも逝ってしまいそう…

けれど御主人様の許可なくして、私は逝く事が出来ません。

「そのまま離してはいけませんよ」

私はなるべく電マを弱くし、逝かないように耐えていました。

そんな私をお見通しだったのでしょう。

逝く所を見せて愉しませるよう、御主人様は御命令されたのです。

今までと違う御命令に、少し戸惑う私。

私は本当に馬鹿な愛奴ですから、御主人様の仰った事を忠実に守る事しか能がありません。

けれど今御主人様が求めていらっしゃるのは、いつもと真逆。

逝くなではなく、逝け、と…

私は逝く事を我慢した事で、御主人様をがっかりさせてしまったのではと想い、慌てて電マのスイッチを強くしました。

それに比例して強くなる快感。

一度逝き始めた身体は、連続して絶頂を迎えます。

御主人様に悦んで頂けるのなら、何度でも意識を飛ばす。

身体を痙攣させ、押し寄せる快楽に身を任せて、また痙攣する。

そうして私が5回程絶頂を迎える間に、御主人様は着ていたお洋服を脱いでいらっしゃいました。

「電マを離してはいけませんよ」

そう仰ると、M字開脚で絨毯の上に座っている私の口めがけて、上から愛しいペニスを降ろして下さったのです。
【 2017/11/14 00:29 】

リアル調教  | コメント(2)  |

9度目の調教④ ~愛奴の鳴き声~

「唇を舐めなさい」

御主人様からの御命令に、私は悦んで身体を起こしました。

私から御主人様に触れられる、嬉しい儀式。

椅子に座っていらっしゃる御主人様の両肩に手を置く許可を貰い、そっと舌を伸ばします。

柔らかくて薄い唇からいつも香るのは、御主人様の煙草とお酒の味。

両方とも大の苦手なはずなのに、何故か甘くて苦しくなる。

その香りが一気に想いを溢れさせ、私はその唇に舌を差し込みました。

蕩けてしまいそうな程の甘ったるい感覚…

その息苦しさに、一息つこうと唇を離した瞬間。

突然左頬に衝撃が走り、一瞬何が起こったのか理解出来ませんでした。

じんわりと弱く痺れている左の頬。

それを痛みとして知覚する前に、パン、パン、パンと立て続けに3回頬を叩かれました。

私は何が起こっているのか理解出来ません。

叩かれた頬が痛くて、悲しくて、悲しくて…

叱られた子供が泣き出す前のような呻き声を上げました。

私のその声を聞いたからなのか、「鳴きなさい」と御主人様からの御命命が下ります。

そして私が泣き出すより早く、今度は力いっぱいお尻を叩き始められたのです。

その音から、お尻が真っ赤になっているのが容易に想像出来ました。

痛くて痛くて…

悲しくて。

御主人様からの御赦しが出た事で、私は子供のように一気に泣き出しました。

だって、本当はずっと泣きたかった。

ずっと逢いたかった。

でも私は大人だから。

御主人様の事情も、動かない事実も、我が儘を言う事の無意味さも解っている。

解っているのに…

心はいつも御主人様を求めて。

苦しくて、苦しくて。

優しく心臓を掴まれているような重苦しさ。

だって本当はもっとお話したい。

お顔が見たい。

1時間でもいいからお逢いしたい。

御主人様のお傍に居たい…

そんなどうする事も出来ない想いが痛みと共に溢れ出し、私は言葉に出来ない想いを鳴いていました。
【 2017/11/07 00:12 】

リアル調教  | コメント(0)  |

9度目の調教③ ~ご褒美~

太腿の上の革靴を見つめている私に、御主人様は靴を脱がせるように御命令されました。

そっと両手を靴に添えて、片方ずつ脱いで頂きます。

雑にならないよう、丁寧に。

靴下も一緒に脱いで頂き、畳んで革靴の中に収めました。

裸足になられた御主人様。

するとその足先が、私のニットのスカートをたくし上げます。

一気に露わになる私のおまんこ。

もちろん今日も下着を着けていません。

空はどんよりと曇っていましたが、やはり日中に見られるのは恥ずかしい…

けれどそれと同時に、陰毛のないおまんこを見て頂けて嬉しい気持ちが溢れて来ました。

御主人様の足元で、下着も着けずにおまんこを曝け出している変態愛奴。

恥ずかしいのに嬉しくて…

これから起こる事を期待して、膣内が勝手に収縮していました。




その期待通り、スカートをたくし上げていた御主人様の足先が、的確に私のクリトリスを捉えます。

思わず息を呑む私…

御主人様が素足で私のクリトリスを弄って下さっている…

その事実にクリトリスに全神経が集中し、身体が鳴き出すように声が漏れ始めました。




御主人様は私をお使いになる。

愛奴として

人形として

性処理道具として

肉便器として。

ですから肌の触れ合い同様、一般的に言われるような「愛撫」というものはあまりありません。

御主人様の唇が私の身体に触れる事が殆どないのはもちろん、乳首やクリトリスも玩具として扱って頂きます。

それが私の役目ですから。

けれどこうして時折、私を可愛がって下さる…

それはきっと、御主人様の一時の気まぐれ。

だけどそれは私にとっては最高に甘いご褒美。

私を狂わせる極上の果実は、いつ訪れるか判らない雷のようにいつも私を貫いて、御主人様という名の天国へと深く深く堕ちて行くのです。




服を脱ぐようにとの御命令で、私は全裸でM字開脚の状態となりました。

そのまま自分で乳首を弄るように指示されますが、御主人様の足先がおまんこに触れている事が嬉しくて、ちっとも集中出来ません。

御主人様から「ちゃんとやりなさい」とお叱りの言葉を受けますが、それでも直ぐに手が止まってしまう…

その時、自分の下半身から水音が聞こえました。

御主人様の足先でクリトリスを刺激され、私はおまんこを濡らしていたのです。

「どうしようもない変態ですね」

呆れたように仰る御主人様。

けれどそのスラックスが膨らんでいるようで、私は更に身体を熱くしていました。
【 2017/11/03 00:28 】

リアル調教  | コメント(0)  |