FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
16948位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
694位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

6度目の調教⑦ ~愛奴の葛藤~

私が御主人様の腕の中で幸せを噛み締めていると、直ぐに静かな寝息が聞こえて来ました。

御主人様を起こさないよう、私はその腕の中でじっと息を潜めています。

けれど御主人様は既に深い眠りにおちていらっしゃるご様子。

私はそっとお布団を抜け出し、すやすやと眠っていらっしゃる御主人様をまた写真に収めました。

それからまた御主人様の腕の中に戻ったのですが…

温泉に入り、美味しいお食事とお酒を愉しまれた御主人様。

「調教道具は使わないかもしれないね」

先程の御主人様のお言葉が頭に浮かびました。

枕元にはお道具のいっぱい詰まったスーツケース。

今日はこのまま、お休みになられるのかな…





……

………

何となく、拗ねたような自分がいました。

御主人様がお疲れである事は、私が一番よく解っています。

あの日から欠かさず、チャットのように続いてきた御主人様との会話。

けれど今は以前の半分もお話する事が出来なくなりました。

文字通り、私の全てを管理する事を悦びとされる御主人様。

今はあまりの忙しさに、私のお休みの日を忘れてしまわれる程なのです。

そんな御主人様のご様子を痛い程に感じ、文字で気遣いをする事しか出来ない自分を歯痒く想っていました。

ですから今日、心身共にリラックスされている御主人様を見て、本当に嬉しかったのです。

なのに…

御主人様が癒されている様子を見て心から安心した自分と、構って貰えなくて子供のように拗ねている自分がいる事実。

すやすやと眠られている御主人様の横で、私は一人、馬鹿な葛藤をしていました。

そして自分に問うたのです。

御主人様の愛奴として、自分はどうするべきか。

御主人様に休んで頂く為、そっと見守るか。

短い時間を御主人様と触れ合う為、御奉仕をするか。

いくら考えても答えは出ませんでした。

何故なら、御主人様の御命令なくして、私は行動する事をしません。

つまりは御主人様に、何時如何なる時も寄り添う事。

それが愛奴の務めであると、自分の中で答えを導き出したのです。

そうやって自分を納得させ、深く深呼吸しました。

目を閉じ、御主人様の温もりを身体の右側で感じながら、私も眠りに落ちて行ったのです。
スポンサーサイト
[PR]

【 2017/06/05 23:26 】

未分類  | コメント(2)  |