FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
14818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
582位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

6度目の調教③ ~離れで~

御主人様は私に立ち上がるように御命令されました。

私がよろよろと立ち上がると、御主人様は後ろから、私を壁際に追い詰められます。

そして私が欲しくて堪らなかった物を、涎を垂らして待ちわびている変態おまんこに与えて下さったのです。

趣のある客室の壁に手をついて、私は御主人様のペニスを身体の中で感じていました。

私の奥深くを貫く快感。

それは苦しいのに気持ちが良い。

もっとずっと味わっていたい…

そう想っていると、ふいに御主人様はペニスを引き抜かれてしまいました。

そして再び座椅子にもたれ掛かり、私におまんこを見せるように御命令されたのです。

私は御主人様の言いなり。

それが心地好くて堪らない…

御主人様によく見て頂けるよう、お部屋の座椅子に付いている肘掛に足を乗せ、股を大きく開きました。

愛液が溢れている変態おまんこを見て頂きます。

そこから溢れる愛液をその指に取り、御主人様は匂いを嗅がれました。

私の厭らしい匂いを嗅がれている事が、凄く恥ずかしくて直視出来ないのに、物凄く嬉しい…

そして御主人様は、私にクリトリスの包皮を剥くように御命令されました。

ずっと弄って頂きたかった私の変態おまんこ。

オナニーをする事も出来ず、御主人様を想っては愛液を溢れさせていた変態おまんこ…

自分の人差し指を使って包皮を剥くと、敏感な部分が外気に触れました。

剥き出しになった私のクリトリスを、御主人様は指で弾いて下さいます。

待ちに待った愛撫に、身体は大きく波打って…

「もっと剥き出しになるようにしなさい」

御主人様はその小さな芽を、何度も何度も指で弾いて下さいました。

自分の愛液で指が滑る度に包皮を剥き直し、御主人様が与えて下さる快楽に溺れるだけ。

「弄って欲しくてそうしているんだろう?」

もちろん御主人様の御命令で包皮を剥いていたのですが、それが嬉しくて気持ち良くて堪らない…

私は絶頂に達しながら、「そうです」とお答えしていました。

その時、ガラガラと離れの引き戸が開く音がして、私は一気に現実に戻されます。

それは御主人様も同じだったようで、二人で顔を見合わせて笑いました。

夕食の説明をして下さる仲居さんに気付かれないよう、熱くなった頬を何度も掌で覆いました。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
【 2017/05/11 14:14 】

リアル調教  | コメント(2)  |