FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
16948位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
694位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

5度目の調教⑥ ~御主人様の道具~

身体の水分を拭き取りお部屋に戻ると、体操服を着るように御命令を頂きました。

御主人様が私に与えて下った、コスプレの中の一つです。

着替えが終わると、御主人様はお道具の中から、アタッチメントを付けた電マを取り出されます。

それを見た瞬間、前回の調教を想い出し、身体の中心から身震いするような感覚を覚えていました。

絶頂の連続…

それは快楽と苦しさを併せ持ち、私には身に余る感覚だったのです。

叫び、狂い、壊れてしまう…そう想っていました。

けれど私は御主人様の愛奴。

御主人様に悦んで頂く為の存在。

御主人様に壊して頂く事が悦び。

そう心の中で唱え、ベッドにいらっしゃる御主人様のお身体に寄り添いました。




私は御主人様の目の前で大きく足を拡げ、だらしなく涎を垂らし続けるおまんこをさらに拡げました。

電マに取り付けられた大きなアタッチメント。

私の変態おまんこは、難なくそれを飲み込んでしまいました。

おまんこの中から外から与えられる強い刺激に、私はもう達してしまいそう…

けれど御主人様はそれを赦して下さいません。

アタッチメントを挿入したまま、私をまんぐり返しの体勢にされました。

高く掲げられたおまんこの向こうに、御主人様のお顔が見えます。

おまんこが天井を向いた事で、更にアタッチメントが深く突き刺さり、私は逝かせて下さいと御主人様におねだりしました。

肉便器を逝かせて下さいと…

けれど御主人様はアタッチメントを引き抜かれ、代わりに御主人様のペニスで貫いて下さいました。

アタッチメントとは比べ物にならない快感と、御主人様に使って頂いている悦びに、私は更に大きな声で鳴きます。

そんな事お構い無しに御主人様は腰を突き立てられ、私は連続して絶頂を迎えながら、御主人様の精子をおまんこで受け止めさせて頂きました。




今回の調教は日帰り。

御主人様は始発の飛行機で来て下さいましたから、かなりお疲れだったと想います。

再びベッドに横になり、目を閉じられました。

私は少しでも御主人様に触れていたくて、そのお傍に寄り添います。

そして愛奴としての務め…御主人様へ御奉仕させて頂きました。

御主人様への想いを込め、教えて頂いた事を想い出しながら、ゆっくりゆっくり舌を這わせます。

すると御主人様は、私がお渡しした封筒からお札を取り出され、再び数え始められました。

御主人様の為に私が稼いだお金。

何度数えても心地が良いものなのだそうです。

そうしているうちに、御主人様は眠ってしまわれました。

私は御奉仕をしたり、御主人様の寝顔を眺めたりして、幸せな時間を噛み締めていました。




御主人様が目覚められ、もう一度2人でお風呂に入りました。

身支度を整え、調教道具をスーツケースに押し込みます。

窓から見える海は、ほんのりと夕日に染まっていました。

予定よりホテルを出るのが遅くなってしまい、街は帰宅ラッシュ。

私お勧めのラーメンを御主人様に食べて頂きたかったのですが、飛行機の時間が近付いて来て断念せざるを得なくなりました。

それはまたの機会に取っておきましょうね、御主人様。




いつものように御主人様を空港までお送りします。

飛行機の時間までは少し間があったので、お茶をする事にしたのですが、自然と口数が少なくなる私。

その事に御主人様も気付いていらっしゃったと想います。

せめて涙は見せないようにしようと想っていました。

幸せな時間の後に、必ず訪れるこの瞬間。

手荷物検査場の前まで辿り着き、一息つくと、御主人様が合図をされました。

それは私にとって、寂しさに襲われる瞬間。

けれど御主人様が合図をして下さらなければ、私はいつかのように、ずっとその場から動けないのです。

それを自覚しているからこそ、えい!っと意を決して御主人様の首筋に舌を這わせました。

来月はお逢い出来ないかもしれない…

そう想い、いつもよりほんの少しだけ御主人様に触れていました。

けれど御主人様から離れられてしまい、私の目論見は未遂に終わったのです。

小さくなっていく御主人様は、何度も振り返って手を振って下さる…

鼻の奥がツンとしていましたが、私は笑顔で御主人様をお見送りしました。

次も必ず逢える。

御主人様と私の絆は、時を重ねる毎に絶対的なものへと変化しています。

私の御主人様への想いは勿論、御主人様が私を愛でて下さる事。

私は御主人様の支配を一身に受け、今この時も御主人様を感じているのです。




いつも当ブログに足を運んで下さり、ありがとうございます。

今回は2ヵ月間、御主人様にお逢い出来なかった為、いつもよりゆっくりとブログを更新させて頂きました。

これより6度目の調教が始まります。

また御報告させて頂きますので、よろしくお願い致します。

最後に今回の調教の痕を載せておきます。

見た目程は痛みはありませんでした。

aido8.jpg
スポンサーサイト
[PR]

【 2017/04/13 23:08 】

リアル調教  | コメント(2)  |