FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
16948位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
694位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

5度目の調教④ ~鞭と放尿~

御主人様に呼ばれ、私は身体を起こしました。

ぼんやりしている私の目に映ったのは、ガラステーブルの上で天井を向いている、御主人様のディルド...

そこに行かなければならないのだと察した私は、よろよろとテーブルに向かって歩き出しました。

御主人様に支えてもらいながら、ゆっくりとテーブルの上に立ちます。

そして腰を落としながら、更にゆっくりとディルドを飲み込んで行ったのです。

「動いてみなさい」

御主人様の御指示に、私はゆっくりと腰を上下させました。

御主人様のディルドは、ぴったりとガラステーブルにくっ付いて、私が動いてもびくともしません。

容赦無く私の中を抉ってきます。

もどかしい快楽に声を上げていると、丸見えになっているアナルに、御主人様が突然イチジク浣腸を施されました。

冷たい液体が予告も無しに直腸に入って来て、私は動けなくなってしまいます。

「腰を動かすんだ」

御主人様からの御命令で上下運動を再開しますが、どうしても動きが止まってしまう私。

膣内を太い御主人様のディルドで圧迫され、アナルまでもが緩んでしまいそうなのです。

ここはテーブルの上。

粗相をする事なんて出来ません。

ましてや御主人様の前で…

そんな想いから、どうしても腰が動かせないのです。

その時、テーブルにしゃがんでいる私の背中に、突然激痛が走りました。

ちっとも命令に従えない愛奴に、御主人様が鞭を与えられたのです。

「腰を動かしなさい」

再度、御主人様に促され、私は鳴きながら腰を動かし始めました。

「もっと早く」

「もっと」

「漏らしてもいい」

「もっと」

背中に何度も衝撃が走り、私はいつの間にか涙を流していました。

酷い痛みと鞭の音

膣内が抉られる快感

感覚の無くなってきたアナル

涙と唾液で顔を汚し、アナルからは浣腸液を漏らし、おまんこから涎を垂らして哭いている…

それはきっと獣の姿だったでしょう。

私はなりふり構わず鳴き叫び、痛みと快楽に狂っていました。




皮膚が裂けたのではないかと想っていた時、御主人様が私を支えながら、テーブルから下ろして下さいました。

向かったのはトイレ。

勿論、御主人様も一緒に入られます。

広いトイレ…座っている私の前に、御主人様が立たれました。

てっきり御奉仕をさせて頂けるのかと想っていた私。

御奉仕をさせて貰いながらの排便は、なんだか特別な感覚がするのでお気に入りなんです。

そのお話はまた別の機会に出来たらいいなと想います。

トイレに座っている私に、御主人様はM字開脚をするように仰いました。

便座の上に足を上げるのです。

これじゃ排便している所が丸見えになってしまう…

しかし御主人様の狙いはそこではありませんでした。

御主人様は私にぐっと近付かれ、御自分のペニスを持たれると、私のおまんこに向かって放尿されたのです。

温かい御主人様の尿。

私のおまんこにかけて頂いている…

アナルからは便を垂れ流しているのに。

御主人様の温かい尿が、さっきまでの激痛を癒してくれている気がして、私はまた悦んで鳴いていました。
スポンサーサイト
[PR]

【 2017/04/01 00:54 】

リアル調教  | コメント(0)  |