FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
20186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
795位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

2度目の調教② ~始まりの合図~

出来るだけ長い時間を一緒に過ごせるようにと、御主人様は午前中に私の住む土地へ飛んできて下さったので、ランチをする場所まで私の車で移動しました。

初めてお逢いした時は、ほんの数時間程度しか一緒に過ごせなかった…

倒錯した調教の時間…

それが今は御主人様が私の運転する車に乗り、二人で他愛のない会話をしている…

そんな光景が信じられませんでした。

かなり挙動不審になっていたと想います…




御主人様のリクエストで、ランチはお鍋でした。

個室ですが、外から中の様子が伺えるようなお部屋に通して頂きました。

お酒のおつまみになるようなメニューが多く、御主人様は満足そうに食事をすすめられます。

けれど私は御主人様の正面に向かい合って座ってしまい…

緊張して食事の味がわかりませんでした。

御主人様の取り皿に私がお鍋を装ったのですが、緊張と元々の不器用さで綺麗に器に盛り付けられず…

こっそりと自己嫌悪に陥っていました。





食事が一通り済むと、御主人様は自分の隣に座るよう指で合図を出されます。

こんな風に言葉を発さず、視線や指先で指示を頂くのが私は堪らなく好きなのです。

お傍に行けることが嬉しくて、私は飛び跳ねるようにベンチシートの方へ移動し、御主人様の隣に座りました。

すると御主人様が、ふと個室の扉の方を指さされます。

私は不思議に想い、ふとそちらに顔を向けました。

その瞬間。

酷く乾いた音が響いて、私の頬はジンジンと痺れていました。

御主人様が私の頬にビンタをされたのです。

私は初めての経験に何故叩かれたのか理解が出来ず、俯いて嗚咽を漏らす事しか出来ませんでした。

すると御主人様がまた唇を舐めるように御命令されます。

個室といえど、外からは中の様子が見えてしまう…

けれど私の頭の中にはそんな事を気にする余裕はありませんでした。

もし…もしも御主人様がお怒りであるならば、精一杯の私の想いを伝えなくては…!

自分の舌に御主人様への愛と忠誠を込めて、必死にその唇に這わせました。

見られてもいい…

何なら見てもらいたいくらい

私と御主人様の深い深い繋がり

私の御主人様への愛

誰に恥じる事もない

御主人様が唯一の愛奴と認めて下さる私

私の誇りを見せつけてやりたいくらいでした。




一通り唇を舐めさせて頂くと、御主人様が私の頭をそっと胸に抱いてくれました。

その存在自体が欲しくて欲しくて堪らない私の御主人様…

突然のビンタと甘い抱擁を受け、私と御主人様の時間が始まったのです。

これから始まる調教に、私は精一杯お応えしようと心の中で誓いました。



ちなみにビンタは御主人様の愛情表現です。
スポンサーサイト
[PR]

【 2016/11/28 22:48 】

リアル調教  | コメント(0)  |

2度目の調教① ~再会~

今日は待ちに待った調教の日。

御主人様に初めてお逢いした時から2ヵ月…

1日1日を指折り数えていた為に、余りにも長い月日が経ってしまったように感じていました。

御主人様をお迎えする為に空港に到着した私は、また2ヵ月前と同じ緊張を味わっています。

御主人様にお逢いしたらどんな顔をすればいいのだろう…

私に気が付いて下さるだろうか…

様々な不安が頭を過り、俯いて携帯の画面を見つめていました。

「着きました」

御主人様からのメッセージに、緊張はピークに達します。

御主人様が到着された場所と私がいる場所が離れていたので、御主人様にその場で待っていてもらえるように伝え、足早に歩きました。

私の足よりも、鼓動の方が急いでいます。

流れる人混みの中に、1人の背の高い男性が立っているのが見えました。

私を待っていて下さる御主人様だ…

お顔は見えませんでしたが、すぐに解りました。

私の姿を見つけ、人混みに逆らってこちらに歩いて来られます。

こんなに背が高かっただろうか…

こんなに素敵だっただろうか…

そんな事を頭の中で考えているうちに、御主人様はあっという間に私の傍まで歩いてきて下さいました。

「久しぶりだね、愛奴」

ずっとずっとお聞きしたかった低い声…

「はい…」と返事をするのがやっとでした。

歩き出される御主人様の手は紺のコートのポケットに差し込まれている為、私の胸の高さに御主人様の肘が突き出しています。

掴まってもいいのかな…

そう一瞬戸惑いましたが、「私と一緒にいる時は触れていなさい」と以前に命じて頂いていた為、思い切って御主人様の腕にしがみつきました。

たった2ヶ月…けれどもそれは果てしなく長い月日に感じられた…

触れたくて触れたくて仕方なかった私だけの御主人様…

御主人様の匂いがして安心した私は、本当の犬のように見えない尻尾を振っていました。

御主人様は何も言われなかったので、私は御主人様の腕を乳房に感じながら空港の駐車場まで歩いたのです。




わざと人気のない屋上に車を停めていた私。

車に乗り込むと、御主人様は御自分の唇にトントンと軽く人差し指で触れられます。

それは挨拶を促す合図…

待ち焦がれていたサインを受けて、私は御主人様に躰を寄せその唇に舌を這わせました。

それは口付けではない、御主人様と私だけの挨拶…

逢えなかった2ヵ月間の想い

こんなにも狂おしく愛おしい御主人様への愛を込めて、ゆっくりと味わうように舐めさせて頂きました。




2日間の調教はなかなか纏められそうにありませんが、一つ残らず書き残しておきたいので、ゆっくり丁寧に文字にしていきたいと想います。

のんびりお付き合い頂けますと幸いです。
【 2016/11/26 22:53 】

リアル調教  | コメント(0)  |

排便調教

本日の御主人様からの御命令。

「ぬるま湯浣腸を施し、ボウルへの排泄姿を報告しましょうか、愛奴」

排便姿を報告する為、以前から透明のボウルを用意しておくよう指示を受けていた私は、プラスチックの大きめのボウルを用意しました。

そして御主人様は、我慢出来る限界までシリンジで何度も浣腸しなさいと付け加えられました。




普通に生活していれば、排泄姿を誰かに見せる事なんて有り得ません。

しかも排便姿なんて、人として1番見られたくないものではないでしょうか...?

私も御主人様と出逢うまでは、スカトロ等の排泄関係が全く駄目でした。

そういった画像を見る事すら難しいです。

けれど御主人様は私の排泄についても管理を望んでいらっしゃる...

御主人様の愛奴である私は、自分が抵抗のある行為だからといって、それをお断りする事は出来ません。

御主人様の愛奴としての私が、それを赦さないのです。

自分の中でNGな行為だとしても、御主人様の為に精一杯の努力はしたいと想っています。




ペットシートの上に透明のボウルを準備し、購入しておいたプラスチックのシリンジにぬるま湯を50ml吸い上げました。

私は時々イチジク浣腸を使うのですが、これが30mlなので、それよりも多めにしてみました。

けれどそんなに圧迫感を感じなかったので、更に50ml追加してみます。

少し便意をもよおしたので、後ろ向きのまま透明なボウルを跨ぎました。

アナルからは注入したぬるま湯が流れ出し、兎の便のような便がボウルに排泄されました。



IMG_767712.jpg



私は前を向いているだけですが、その音と匂い...

「排泄姿を見られている」という実感に、様々な感情が混じり合っていました。

恥ずかしさと惨めさ...

解放感と快感...

アナルはすっかり力を無くし、ボウルの中に尿まで漏らしてしまいました。




人として絶対に他人には見せたくない姿...

それを御主人様に見て頂き、御主人様が悦んで下さる...

私は背徳感と共に高揚感を覚えていました。

今度は御主人様の前で実際に見て頂くのだと思うと、更に特別な感情が湧き上がります。

私は御主人様に排泄管理をして頂く愛奴となりました。

御主人様に私の全てを管理して頂ける…

それが何程幸せな事であるのか、ほんの少し前までの私は知りませんでした。

けれど様々な事を御主人様が御調教して下さり、

私は管理して頂く悦びを知ったのです。




もうすぐ2度目の調教日が訪れます。

待ち遠しくて待ち遠しくて、1日に何度もカレンダーを確認している愛奴です。

御主人様に与えて頂いたお仕事が忙しく、なかなかブログ更新出来ませんが、

御調教の様子をまた御報告させて頂きますので、よろしくお願い致します。



【 2016/11/16 22:02 】

メール調教  | コメント(2)  |

体操着調教

本日の御主人様からの御命令。

「体操服を着たまま、上着は胸上まで捲り上げ、ブルマをずらしてオナニーしなさい」




以前御主人様に与えて頂いた下着の中に、コスプレ用の体操着が入っていました。

今日はそれを着て御主人様にオナニーを見て頂きます。

真新しい体操着はコスプレ用にしてはとても肌触りが良く、本物の体操着のようです。

体育なら髪型はやっぱりアップしないといけませんよね?

少し首を傾げて甘えたような雰囲気で撮影した画像を、御主人様に御報告します。


bvgl.jpg



それを見て「無性に犯したくなった」と御主人様…

私にとって最高の褒め言葉を頂きました…




それから御主人様の御指示の元、乳首に洗濯バサミを付け、

アナルにローターを入れて、電マをクリトリスに当てます。

ブルマを脱がず、おまんこが見えるように横にずらして…


ol.jpg



電マに弱い私はあっという間に逝ってしまいました。

「体操着」という、いつもと違う状況にも興奮していたのでしょう…

体操着の私を見て御主人様が興奮して下さる…

これ程嬉しいことはありません。

御主人様に求められる存在である事が、私の生きる意味なのですから…
【 2016/11/03 00:03 】

メール調教  | コメント(0)  |