FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
18225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
705位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

秘密の約束

「お前のおまんこに私の精子を何度も注ぎたい衝動に駆られてるよ」

御主人様からのお言葉でした。

それはyを意味する…

いくら私が馬鹿でも、それくらい解りました。

私の事をそれ程までに想って下さっているんだとわかり、とても幸せな気持ちになります。

でも心からは喜べない…

そこに御主人様は追い打ちをかけられました。

「愛奴をyさせたいとの想いを抱いていますよ。

そう思ったのは初めてです」と…

それは私を縛り付ける魔法の言葉。

そしてxさせたいとの想いも抱いていると…

御主人様のお考えがよく理解できなかったので、それがどういう気持ちから生まれたものなのかお聞きしました。

御主人様は私を縛る言葉の鎖を持っていらっしゃいます。

私はそのことを忘れてしまっていたようでした…

「私はお前にしか興味がない

私にはy・xまで与えられる。

愛奴に教え込みたいのです

私と愛奴の関係は何よりも深いのだと」

「私の為ならxすら悦びと感じなさい」と…




普通ならおかしいと思われるでしょう。

でも私は御主人様の愛奴…

普通の感覚では異常かも知れないことを、私は御主人様の愛奴として、悦びに感じていました…

私はもう御主人様に導かれ、どこまでも堕ちていく運命なのだと…
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
【 2016/09/30 16:28 】

未分類  | コメント(2)  |