FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
18225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
705位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

連続逝き調教

本日の課題「タンポンをおまんこに2、3度出し入れしなさい。

自慰命令ではないので曲解しないよう注意しなさい」



愛奴が生理中であるので、このような指示を頂きました。

先日の縦笛調教の件で、おまんこを休ませていることも加味して下さったのでしょう。

タンポンを挿入する様子を動画報告します。

普段は絶対に他人の目に触れることのない生理用品を使用している所…

そう思うと、自慰命令でないのにも関わらす、まるで変態自慰をしているかのような

異様な感覚に陥りました。

そしてもっと経血で汚れている所も見て頂きたいと、

今まで抱いたことのない感情が湧き上がります。

そうすればきっと、御主人様は悦んで下さると思うからです。

もちろんアナルには御主人様の指示通り、

帰宅後から朝まで、毎日アナルプラグが挿入してあります。



報告後に次の指示を頂きます。

「電マで皮を剥いたクリトリスを刺激し、5回逝くこと。

5回それぞれについて、クリトリスへの刺激を始めてから何分で逝ったかを報告すること。

今日は逝く過程を愉しむのではなく、

如何に早く逝けるのかを課題としたオナニーをしなさい」とのことでした。

脚をM字開脚し、電マのスイッチを最強にします。

1回目……私はクリトリスが一番感じやすく、あっという間に昇り詰めます。

50秒で逝ってしまいました。

その後、立て続けに逝くよう御主人様から指示を頂きます。

2回目…26秒

3回目…14秒

4回目…11秒

5回目…慣れてきたのか、14秒で逝きました。

御主人様から、今の心境を報告するよう指示を受けます。

「こうやって御主人様に遊ばれていたいです…」

そんな気持ちになっていました。

御主人様の意のままに支配され、そんな私を見て御主人様が悦んで下さる…

それが愛奴である私の悦びであるのだと、しっかりと認識しました。



しかしこれで終わりではありませんでした。

次の指示を頂きます。

「5分で何度逝けるか数を数えなさい。

一時もクリトリスから電マを離すことは赦しません」と…

これはとても辛いものでした。

既に刺激を受けたクリトリスはあっという間に昇り詰めます。

そのまま下降することができず、逝きっぱなしなのです。

気持ちがいいのに苦しい…

相反する感情に、もうどんな反応をしていいのかわかりません。

ただ押し寄せる快楽にひたすら耐えました。

そして5分間で21回も逝ってしまいました…

後半はクリトリスが痺れてしまい、徐々に逝く回数は減ったのですが…

痛みを感じる調教とはまた違った苦しさでした。



今日はタンポン使用の報告画像を載せておきます。

もっと経血がついた方がよかったでしょうか…




【 2016/09/11 21:29 】

メール調教  | コメント(0)  |

野菜調教

本日の課題 「野菜をアナルに入れながらオナニーをして、その変態姿を報告しなさい」



使用する食材として、きゅうりとアスパラガスを指定されました。

仕事終わりにスーパーに寄って、野菜を購入します。

これからオナニーに使う食材を普通にスーパーで買っていると思うと、

なんだか自分が変態だと思い知らされている感覚に陥りました。



時間になると、御主人様から調教の連絡が入ります。

「コンドームを嵌めたきゅうりで、おまんこの割れ目に沿うように上下に撫でなさい」

ネットで購入しておいたコンドームを、生まれて初めて装着しました。

きゅうりでおまんこをなぞると、もう愛液が溢れてきているのがわかります。

しかし挿入の指示はありません。

愛液を垂らしているおまんこを動画で報告します。



「四つん這いの愛奴ポーズで、アスパラガスを使ってアナルオナニーをしなさい」との指示を頂きました。

アスパラガスにローションを付けアナルに挿入すると、するすると飲み込まれていきます。

これはいつもアナルプラグを挿入しているおかげでしょうか。

アスパラガスを咥えたアナルは、変態以外の何者でもありません。

その様子を自分で見て、酷く興奮しました。



その後、きゅうりでアナルを犯すよう、次の指示が飛びます。

アスパラガスよりも強い圧迫感に、思わず息が上がってしまいます。

コンドームを付けた太いきゅうりを、御主人様のペニスと思い、激しくピストンしました。

アナルの独特の快楽に、あっという間に逝ってしまいそうになります。

でも逝くには、御主人様に許可を頂かなくてはなりません。

アナルで逝きたいですと懇願し、お赦しをもらいます。

きゅうりでアナルを激しく犯す様子を撮影しながら、思いっきり逝かせて頂きました…



その後もきゅうりをアナルから抜くことなく、尿道口を弄るようにとの指示を頂きます。

御主人様は後々尿道口も調教される予定のようです。

わたしは愛液でべとべとの尿道口を、生まれて初めて弄りました。

なんと表現したらよいでしょうか…

尿意に近いような快楽…

クリトリスを思いっきり弄られ、気持ちが良すぎて我慢できないような感覚に似ていました。

尿道口で逝くことはできませんでしたが、今後、性感帯が増えるような期待は持てました。



野菜での変態行為が昔から好きだったので、しっかり味わうことができて、とても満たされた気分になりました。

御主人様はナスを使うこともお考えのようです。

おまんこはナス、アナルは…何の野菜が変態っぽく見えるでしょう?



【 2016/09/10 22:28 】

メール調教  | コメント(0)  |

縦笛調教

昨日の課題 「笛を愛奴のおまんこの奥まで咥えて、主の命で変態愛奴になれることに幸せを感じなさい」

息子が使っていたリコーダーを用意するようにと御主人様からの指示でした。

そして御主人様から、主のペニスだと思い、笛を舐めている愛奴の姿を見せなさいと指示があります。

咥えることは御主人様の許可が必要ですので、ゆっくり唾液を絡めながら、リコーダーの吹き口を舐めます。

ツルツルしているその笛に、自然と唾液が増えていきます。

顔を傾け、下から上へ舌を使って舐め上げたり…

唇で挟むようにして、唾液を絡めて御奉仕します。

その様子を見た御主人様は「本当にペニスを舐めているようだよ」と言って下さいました。



しかし次に、私の苦手な洗濯バサミの指示が飛びます。

乳首とラビアに洗濯バサミを付けるよう…

私は今まで乳首調教の経験がなかったので、これが一番苦手なのです。

でも御主人様の期待に応えたい一心で、その苦痛に耐えます…

そしておまんこに、二つに分解したリコーダーの下の部分を挿入するよう指示を受け、その姿を報告しました。

更なる指示がとびます。

その姿のままリコーダーの吹き口を御奉仕するようにと…

胸と下半身は洗濯バサミの痛みで支配されているのですが、

御主人様の為に必死に御奉仕を行いました。

そして洗濯バサミを外して下さいと懇願し、お赦しを頂きます。

外すときが一番痛い…

まだまだ洗濯バサミは苦手なアイテムです。



その後は、おまんこをリコーダーの下の部分で犯すよう指示を頂きましたので、

激しくリコーダーをピストンさせ、どんどん快楽にのまれていきました。

最後はリコーダーをおまんこに咥えたまま、クリトリスを弄って逝かせて頂きました。

リコーダーの穴には、私の白濁した愛液が溜まり、御主人様にその様子を報告します。

「息子の縦笛を使って自慰をし、縦笛の穴を白濁した愛液で満たしてしまうなんて、お前くらいだよ」と辱めて頂きました。



あまりに激しく突いてしまったせいで、中を傷付けてしまったよう…

少し出血していました。

でもそれすらも興奮すると言って下さる御主人様に、私も痛みなど感じませんでした。

でも御主人様はお優しいので、今週は挿入は控えるようにとのことです。

そんな御主人様だから、私は辛いことにも耐えてみたくなるのです。



IMG_62122.jpg
【 2016/09/09 19:52 】

メール調教  | コメント(0)  |

乳首調教

本日の課題 「両乳首を輪ゴムで縛り、変態愛奴の格好で過ごすこと」

その指示を見た瞬間、クリトリスが充血し、おまんこが勝手に収縮しているのがわかりました。

洗濯バサミ調教で敏感になった愛奴の乳首は、痛みが予想される指示に対して、期待をするようになったようです。



急いで帰宅し、輪ゴムを探します。

「あ…赤い輪ゴムがある…」

赤い輪ゴムの方が肌に映えて、御主人様に悦んで頂けるかも…と咄嗟に判断しました。

部屋で裸になります。

生まれて初めて乳首に輪ゴムを巻くので、上手くいきません。

乳首を引っ張りながら赤い輪ゴムを巻いていきます。

「これじゃちょっと弱い…」

そう思ってしまいました。

刺激が足りないと、私の乳首が言っているのです。

今度は少しキツめに輪ゴムを巻き直します。

多少の痛みを感じながら、今度は上手に巻けました。

乳首は勃起したような状態になり、ジンジンと心地いい刺激が走ります。

御主人様にそれが伝わるよう、横から乳首を撮影し、報告しました。

「いやらしく変態な乳首になりましたね。本当に美しい。」

褒めて頂けました。

また、私が故意に赤い輪ゴムを選んだことも、写真を見てすぐに気が付いて下さいました。

今日はこのまま寝るまで過ごすようにとの指示です。

乳首が服に擦れ、ジンジンと熱を持っているのがわかります。

寝るまで持つでしょうか?
【 2016/09/07 21:03 】

メール調教  | コメント(0)  |

はじめに

御主人様の愛奴です。
当ブログに足をお運び頂き、ありがとうございます。




※こちらはSM等の画像・表現を使用しております。
 18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
 





愛奴は、某掲示板にて御主人様に見つけて頂きました。
対話をし始めてすぐに、お互いの求めるSM観が酷似していることを感じ、
御主人様と愛奴の関係となることを決めました。

まだまだ始まったばかりの主従関係がこれからどう発展していくのか、
ここに記録を残していきたいと思います。
SMに興味がおありな方も、そうでない方も、お気軽に覗きに来て頂けますと幸いです。


【 2016/09/06 23:38 】

はじめに  | コメント(0)  |