FC2ブログ
御主人様と愛奴 変態の日々の記録

プロフィール

愛奴

Author:愛奴
♥当ブログは性的表現・画像を使用しておりますので、18歳未満の方は直ちにお帰り下さいませ。
またSMに嫌悪感をお持ちの方の閲覧もお勧め出来ません。
自己責任の元で閲覧下さいませ。

御主人様の愛奴です。
お初の方は「はじめに」をご参照下さい。

SMに興味のある方もノーマルの方も、皆様お気軽にコメントして頂けると嬉しいです。

アクセスカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
6646位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
342位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

14度目の調教① ~いつもと違う御主人様~

今回の調教は日帰り。

全国的に雨模様で、飛行機の小さな窓からは雲ばかりが見えていました。

辛うじて傘はささなくて良さそう。

空港から電車に乗り込んだ私に、御主人様からメールが届きます。

「いつもの所で待っていますよ」

いつもの所…

そんな些細な事に、一人で笑ってしまう私。

けれど都会の人達は他人には無関心で。

それが今の私には心地良く感じていました。




電車を降り、お道具の詰まったスーツケースを引いて、御主人様との待ち合わせ場所へと急ぎます。

いつものように歩道に溢れる人々。

きょろきょろと辺りを見渡していると、ふとそのお姿が私の目に留まりました。

細身の御主人様。

決して目立つ風貌ではいらっしゃらないのに、周りの全てが遮断され、御主人様だけが浮き上がっているかのよう。

都会の人々の波間に見える私をしっかりと捉えたその瞳は、いつものように冷たくて力強い。

その眼光に愛奴は一瞬竦むけれど、それがいつもの御主人様だと知っている私は、見えない尻尾を振りながら笑顔でその後を付いて行きました。




まずはいつものように軽くランチ。

お料理が来るまでに御主人様にお仕事の事等をお話していると、ふとご自分の携帯電話を私に向けられます。

カシャ、と小さく鳴るシャッター音。

初めて見る、御主人様の行動。

私はとても驚いて、どう反応したらいいのか判りません。

新しいお洋服を着た時、ヘアサロンに行った後等、時折私から写真をお送りする事はあっても、御主人様自ら調教以外の写真を撮られる事なんて今までなかった。

何でだろう?

考えても判らない私は、そのまま御主人様に尋ねます。

どうして写真を撮られたのですか?と。

けれど、たまにはいいでしょうと、はっきりとした答えを下さらない御主人様。

あまりしつこく聞いてもいけない気がして、私はそれ以上追求しない事にしました。

せめて、変な顔で写っていませんようにと願いながら。




「以前着ていた物と同じですか?」

また御主人様が突然に仰いました。

私は先程の写真の件に気を取られていた為に、慌ててお答えします。

今日のお洋服は、冬に着ていた物のデザイン違い。

私の説明を聞いた御主人様は、私にその場で立つように指示をされました。

隣の席が近い、人がたくさんいるカフェ。

そんな中でただ棒のように立ち上がるのは何だか恥ずかしい。

そう想い私は躊躇しますが、御主人様は真剣な眼差しで、私が立つのを待っていらっしゃる。

私は観念して、ゆっくりとその場に立ち上がります。

コンクリートの床に木の椅子が擦れて、大きな音が響きました。

御主人様が見ている…

それが何より恥ずかしくて堪らない。

自分の容姿に自信の無い私は、初めてお逢いした時のように、真っ直ぐ御主人様を見る事が出来ずにいました。

「いいんじゃないですか?」

予想もしていなかった御言葉。

御主人様が褒めて下さった…!

私は更に恥ずかしくなり、さっと元のように座ります。

写真を撮ったり、お洋服を褒めて下さったり…

いつもの御主人様と少し違う。

そう考えていたのが顔に出ていたのか、お前の穴で遊ばないといけませんね、と普通の声のボリュームで仰る御主人様。

私は嬉しいのと困るのとで、きっと変な顔をしていたと思います。

御主人様は、そんな私をじっと見ていらっしゃいました。









スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【 2018/08/10 23:13 】

未分類  | コメント(0)  |

風俗勤務について

今回は私の風俗勤務についてお話をさせて頂きたいと思います。

以前、「私のお仕事」という記事で簡単にお話させて頂きましたが、読者様から質問を頂く機会がありましたので、可能な範囲でもう少し詳しくお話させて頂きますね。




私は御主人様に見つけて頂くまで、普通の仕事をし、風俗等全く関係の無い世界で生きていました。

その頃は新しい職場に入ったばかりでしたが、あまりの人間関係の悪さに辟易していたんです。

仕事に行くのが嫌で嫌で、ほとんど食事が摂れなくなり、体重もみるみるうちに減って行きました。

これは危険だと自分でも感じ、機会があれば辞めようと思っていたんです。




けれど私は直ぐに辞めませんでした。

もちろん仕事を辞めたら生活をしていけなくなるという事もありましたが、周りの期待を裏切れず、辞めるという行動に踏み切れずにいたんです。




そんな時、御主人様が仰いました。

「辞めなさい」と。

それは御命令。

私を解放する為の、御主人様の優しい御命令でした。

「辞めてはいけない」「この仕事を続けなければならない」という周囲からの圧力の中、辞めていいと言って下さったのは御主人様だけ。

私の味方をして下さるのは、御主人様だけだったのです。




仕事を続ける事が美徳、続かない奴は駄目な人間という家庭の中で育った私は、変に生真面目な性格となりました。

自分を犠牲にし、追い詰める事でしか、自分の存在意義を見い出せなかったのです。

そうやって身体を壊してしまい、一度は命を落としかけました。

生きるのがこんなに辛いなら、あの時死んでいてもよかったな…

そう想いながら日々を過ごしていたんです。




そんなある日、御主人様に見つけて頂きました。

あの時、偶然に助かった命。

一度は失いかけたけれど、私はまだ生きなければならないみたい。

それならば御主人様の為に生きよう。

もう私には失う物は何も無い。

御主人様だけ。

御主人様が私の全て。

そうして私の人生は、御主人様に委ねられたのです。




辛い仕事から解放された私に、御主人様は新しいお仕事を与えて下さいました。

それが風俗のお仕事。

御主人様がこの職種を選ばれたのには理由があります。

御主人様の為なら、悦んで風俗にも堕ちる愛奴である事。

御主人様の為に知らない男性に使われ、金銭を稼ぐ事を厭わない事。

変態であるこの身を十分に活用する事。

稼いだ金銭を御主人様に全てお渡しする事。

生活に必要な分だけを与えて頂く事。

そうする事で、職業選択から日常生活の全てにおいて、私は御主人様の支配を受けられるようになりました。

私の生活の中で、御主人様の支配が及ばない瞬間は存在しないのです。

私はそれが堪らなく嬉しい…




もちろん辛いことだってあります。

けれど私が頑張れば、御主人様が悦んで下さる。

たくさん稼ぐと、褒めて下さる。

それだけで私は、風俗のお仕事をしている事に誇りを感じるのです。




風俗で稼いだ金銭には決して手を付けず、御主人様の元へ帰った時に全てお渡しします。

御主人様は私の生活費の詳細も全て御存知ですので、必要な分だけを頂くのです。

もちろん臨時の出費等がある時にはご相談させて頂き、私の生活に支障が無いように、きちんと考えて下さいます。

ですから私は悦んで御主人様の為に働き、安心して生活する事が出来ているのです。




こんなに幸せな愛奴はきっと存在しないのではないでしょうか。

御主人様の為に風俗で働く…

それは私の、御主人様への忠誠の証なのです。
【 2017/08/03 10:50 】

未分類  | コメント(2)  |

6度目の調教⑦ ~愛奴の葛藤~

私が御主人様の腕の中で幸せを噛み締めていると、直ぐに静かな寝息が聞こえて来ました。

御主人様を起こさないよう、私はその腕の中でじっと息を潜めています。

けれど御主人様は既に深い眠りにおちていらっしゃるご様子。

私はそっとお布団を抜け出し、すやすやと眠っていらっしゃる御主人様をまた写真に収めました。

それからまた御主人様の腕の中に戻ったのですが…

温泉に入り、美味しいお食事とお酒を愉しまれた御主人様。

「調教道具は使わないかもしれないね」

先程の御主人様のお言葉が頭に浮かびました。

枕元にはお道具のいっぱい詰まったスーツケース。

今日はこのまま、お休みになられるのかな…





……

………

何となく、拗ねたような自分がいました。

御主人様がお疲れである事は、私が一番よく解っています。

あの日から欠かさず、チャットのように続いてきた御主人様との会話。

けれど今は以前の半分もお話する事が出来なくなりました。

文字通り、私の全てを管理する事を悦びとされる御主人様。

今はあまりの忙しさに、私のお休みの日を忘れてしまわれる程なのです。

そんな御主人様のご様子を痛い程に感じ、文字で気遣いをする事しか出来ない自分を歯痒く想っていました。

ですから今日、心身共にリラックスされている御主人様を見て、本当に嬉しかったのです。

なのに…

御主人様が癒されている様子を見て心から安心した自分と、構って貰えなくて子供のように拗ねている自分がいる事実。

すやすやと眠られている御主人様の横で、私は一人、馬鹿な葛藤をしていました。

そして自分に問うたのです。

御主人様の愛奴として、自分はどうするべきか。

御主人様に休んで頂く為、そっと見守るか。

短い時間を御主人様と触れ合う為、御奉仕をするか。

いくら考えても答えは出ませんでした。

何故なら、御主人様の御命令なくして、私は行動する事をしません。

つまりは御主人様に、何時如何なる時も寄り添う事。

それが愛奴の務めであると、自分の中で答えを導き出したのです。

そうやって自分を納得させ、深く深呼吸しました。

目を閉じ、御主人様の温もりを身体の右側で感じながら、私も眠りに落ちて行ったのです。
【 2017/06/05 23:26 】

未分類  | コメント(2)  |

戻って来た日常

御主人様が新しい携帯を購入され、数日ぶりにいつもの日常が戻って来ました。

御主人様のいらっしゃる日常。

私は待ち焦がれた御主人様からの着信音に、飛び上がってしまう程悦んでいました。

まさに御主人様を待つ忠犬です。

少しずつ気持ちも落ち着いて来たので、6度目の調教の記事を書き始めたいと想います。

次回の調教が6月の予定ですから、また亀更新になりそうです笑

励ましのコメントや拍手、ありがとうございました。

たった数日間でしたが、私にはとてもとても長く感じられて…

ぽつんと一人ぼっちになってしまったような気持ちの中、とても心強かったです。

ありがとうございます。

それでは6度目の調教をお待ち下さいませ。
【 2017/04/22 23:26 】

未分類  | コメント(2)  |

おるすばん

6度目の調教の際に撮らせて頂いた御主人様の動画を見ながら、その愛情をひしひしと感じ、

御主人様から御連絡があるまで、じっと待っていようと想っていました。

明日を乗り切れば週末。

きっと御主人様は御連絡を下さる。

そう想う心とは裏腹に、その決心はいとも簡単に崩れてしまいます。

どこにも吐き出せない、理解してもらえない御主人様と私の絆。

友達は話は聞いてくれるけれど、きっと呆れているに違いありません。

どんなに説明しても、誰にも理解する事の出来ない御主人様と私の関係性。

それを綴って来たこの場所だからこそ、私の気持ちのままを残しておきたいと想うのです。




そうやって一人で葛藤している所に、御主人様からのメッセージが届きました。

嬉しさと安堵感と、この数日のいろんな感情が混ざり合って、また泣いてしまう馬鹿な私。

胸に詰まっていたどろどろとしたものが一瞬にして消滅し、すうっと呼吸が出来るようになりました。

御主人様の御言葉は魔法。

それに導かれて、私はまだ見ぬ御主人様に逢いに行ったのですから。

御主人様が無事で本当によかった…

私自身が急病で運ばれた事がある為、どうしても心配だったのです。

週末になれば、また御主人様とお話出来る…

それだけで世界の色は変わります。

言葉通り、御主人様は私の全て。

私の存在自体が、御主人様の支配下にあるのです。

【 2017/04/20 22:17 】

未分類  | コメント(0)  |